医院情報

診療時間

診療時間
9:30〜13:00 ×
15:00〜19:30 ×

※木曜日・日曜日・祝日 休診

△土曜のみ午後の診療は14:00〜18:00となっております。
※口腔外科医の診察日時は受付までお問い合わせください。

アクセス

[ 地下鉄御堂筋線 ]
西田辺駅4番出口より徒歩0分
〒545-0021
大阪市阿倍野区阪南町5-23-15
西田辺林ビル(西田辺駅前)

待合室/診療室/トイレなどの院内は土足OKのバリアフリーです。
ベビーカー/車椅子の方でも安心してお越しください。

ご予約・お問い合わせ

0120-92-4618 0120-92-4618

TEL 06-6693-4618

FAX 06-6693-4617

診療メニュー

CGF再生療法

治る力を飛躍的にUPさせる方法

CGF再生療法とは…

「手術後は痛いかな?はれるかな?」
「手術は成功するかな?」 と不安になりませんか?
自分の治る力を飛躍的にUPさせる治療法があるとしたら…

普通、人間は怪我をすると出血し、しばらくすると血が固まって血が止まります。

それは、血液中の血小板やフィブリンという物質が集まって、傷口をふさぎ、出血を止めている傷口を塞いでくれる生体の仕組みあるからです。

そして、血小板やフィブリンはやがて、かさぶたになり、その中で傷を治して(体を再生)いきます。

遠心分離機

血液を遠心分離後

分離された血液。まん中の層の乳白色のものが血小板を多く含むフィブリン

その原理を応用したのがCGF再生療法という方法です。
CGF(Concentrated Growth Factors)とは、直訳すると「濃縮した成長因子」という意味です。

最近の研究では、患者様から採血した血液を試験管にいれ、再生医療専用の遠心分離機にかけると、血液を赤血球と白血球、血小板、フィブリンなどに分離させることができます。

その分離した血小板フィブリンだけを取り出し、それを治療部位に大量に、集中的に添加し役立ていく方法をCGF再生療法というのです。

血小板は、そもそも体の細胞の増殖を促進する成長因子(PDGF)があることが発見されていて、止血作用とともに組織や血管、骨の修復・再生に重要な関係があるが解明されています。歯科の分野では顎の骨や歯周の組織再生に応用されてきています。

また、フィブリン(fibrin)は、血液の凝固(血液凝固)に関わるタンパク質で、 繊維状タンパク質で、傷などが原因となって血小板とともに重合し、血球をくるみこんで血餅を形成する。 傷口の止血血栓形成の中心的な役割を担っています。

この方法をインプラント治療時に使えば何倍も治癒力、再生力をUPさせることが可能になり、痛みや腫れを低減させることができるのです。しかも、薬ではないので副作用もなく安全性に優れています。
他の医院では、再生専用の遠心分離機が高額、採血が面倒という理由で、まだほとんどの医院でところでCGFやAFGを用いた再生療法は行われいません。
阿倍野区 西田辺 えがしら歯科 インプラントセンターではできるだけ痛みが少なく腫れが少ないインプラント治療を目指していますので、できるだけ患者様の体にご負担のないようように研究を重ね積極的に治療に活用しています。

黄色いゲル状のものがCGF

黄色い液体はAFG。人工骨(骨補填材)と混ぜて骨の足りない場所にのせます。

〜自己血液から生成するCGFを用いた再生療法〜

CGF再生療法は10嫩度、採血させていただければ、治癒力、再生力を何倍もUPさせ、痛みや腫れを低減させることができるのです。

また、インプラント治療では、歯茎の骨が足りない場所にCGFを填入したり、シート状にして人工骨(骨補填材)の上を覆って新しい骨の再生や傷の治癒を促進したりするのに使用し、骨の質が悪い、骨が薄く少ない場所でも治療が可能になりました。

他にもAFG(Autologous Fibrinogen Glue)「自己フィブリン接着材」と呼ばれる、インプラント埋入時など、骨補填材(人工骨)に混ぜて骨再生を促進させる使い方もあります。

これらの方法は、以前にPRP(Platelet Rich Plasma「多血小板血漿」という同じような方法がありました。しかし、この方法は血液を分離したり固めたりするのに、動物(ウシ)やヒト由来のたんぱく質分解酵素(トロンビン)や塩化カルシウムなどの添加物が使用するいう難点がありました。その点を改善したのが、「CGF再生療法」です。

CGF再生療法は100%ご自身の血液のみで生成できます。アレルギーや未知のウイルスなどによる感染リスクはなく、より安全に患者様のお体への負担が少ない治療が期待できます。

【CGF再生療法で期待できること】
・傷の治り、骨や歯茎の再生を促進し治療期間を短縮することができる
・完全に自己の血液なのでアレルギーや未知のウイルスなどによる感染のリスクを回避できる

【CGF再生療法に適している方】
・痛みや腫れに敏感な方
・お体への負担が少ない治療をされたい方
・顎の骨が少なくてインプラントができないと言われた方
・できるだけ短期間での治療を希望される方
※患者様の症状により個人差があります。

【CGF再生療法に適していない方】
・何らかの要因で採血できない方
・注射などの先端恐怖症の方

<注意>
血液採血とCGF再生療法はインプラント治療時に患者様全員に必ずしも行うものではありません。希望者のみです。この方法を行わないとインプラント治療ができないということではありません。

現在、再生医療の分野では、安全に研究・治療が行えるように国が特に積極的に指導しています。平成25年に「 再生医療等の安全性の確保等に関する法律 」も制定されました。

このCGFやAFGによる再生医療(フィブリンゲルや多血小板血漿を用いた治療)も対象になります。
阿倍野区 西田辺 えがしら歯科 インプラントセンターでは、厳正な基準のもと治療を行っておりますので、厚生労働省に施設登録し認定されております。

最後に…
阿倍野区 西田辺 えがしら歯科 インプラントセンターでは CGF再生療法を用いて痛みが少なく腫れが少ない歯科治療やインプラント治療を目指しています。
歯科治療やインプラント治療は「痛くない」「腫れない」そして「怖くない」と、少しでも感じていただき治療への意識を変えていただきたいと考えております。

そして、ご自身の歯の大切さを感じていただき、普通に噛める幸せな人生、一生自分の歯で食事ができる幸せな人生、を今後とも送っていただけるように、微力ながら皆様のお力になれればと思っております。

「CGF再生療法」を使った痛みの少ない、はれの少ない、体に負担の少ないインプラント治療をご希望の方は、ぜひご来院下さい。

また、この治療について、ご質問、ご相談等がございましたらお気軽に阿倍野区 西田辺 えがしら歯科 インプラントセンターまでお問い合わせ下さい。

医療法人優伸会えがしら歯科
西田辺インプラントセンター
院長 江頭伸行