医院情報

診療時間

診療時間
9:30〜13:00 ×
15:00〜19:30 ×

※木曜日・日曜日・祝日 休診

△土曜のみ午後の診療は14:00〜18:00となっております。
※口腔外科医の診察日時は受付までお問い合わせください。

アクセス

[ 地下鉄御堂筋線 ]
西田辺駅4番出口より徒歩0分
〒545-0021
大阪市阿倍野区阪南町5-23-15
西田辺林ビル(西田辺駅前)

ご予約・お問い合わせ

0120-92-4618 0120-92-4618
診療メニュー

睡眠時無呼吸症候群

HOME > 診療メニュー > 睡眠時無呼吸症候群

「うるさくて隣で寝られない!」
「寝てる時に呼吸が止まっているみたい…」


「いびき」は、自覚症状よりも周りの人からの指摘によって気がつくことが多いのではないでしょうか。
しかし、「いびき」には、周りに迷惑をかけてしまうこと以外に、「熟睡を妨げる」という生活上で大きな弊害があり、近年「いびき」治療の必要性が注目されています。


□ 「いびき」の原因  □ 睡眠時無呼吸症候群  □ 睡眠時無呼吸症候群の弊害
□ 治療法  □ 生活上の注意


「いびき」の原因

では、そのいびきはどのようにして起こるのでしょうか?


人間は主に鼻から呼吸をしています。
空気の通り道となる鼻からのどにかけての「上気道」が狭くなり、粘膜や分泌物が振動して鳴るのが「いびき」です。「上気道」が狭くなる理由としては、骨格や肥満、鼻づまり、ストレス、環境や生活習慣、さらには腫瘍などの病気や薬などが上げられています。


笛を吹かれたことはありますでしょうか?
口笛は口を狭め、そこに空気を通すことによって音を出します。
いびきの理屈も、口を狭めると奏でられる口笛と同じようなもので、それが上気道(のどの奥)でおきるものなのです。

睡眠時無呼吸症候群

「いびき」の症状が進む、つまり、常にのどの奥が狭い状態が続くと、眠りが浅くなり、疲労感や集中力低下といった、生活に悪影響を及ぼす症状が出てきます。
さらに悪化すると、睡眠中に気道が完全にふさがれ、呼吸が出来ない状態になります。
一晩のうちに、何十回も何十秒間、ひどい時には1分〜2分近く呼吸が止まっている状態が200回以上繰り返される状態が、「睡眠時無呼吸症候群」です。


みなさんが寝ている間に、誰かに鼻と口を1分間塞がれ、それを100回以上繰り返される…。睡眠中は毎日それの繰り返し…。考えるだけでぞっとしませんか?


想像して頂くと、いびき、つまり睡眠時無呼吸症候群の恐ろしさがわかって頂けるのではないでしょうか。


日本でいびきを習慣的にかく人は2,000万人以上、そのうち約10%の200万人が睡眠時無呼吸症候群だと言われています。
以前、東海道新幹線の運転手が睡眠時無呼吸症候群で居眠り運転をした事例も記憶に新しいと思います。
重症の睡眠時無呼吸症候群の人の事故率は、普通の人の約7倍だとも言われており、「いびきはうるさい」だけでは済まされない問題になっています。

睡眠時無呼吸症候群の弊害

睡眠時無呼吸症候群により、体に次のような問題が起こります。

  1. 無呼吸が繰り返し起こるために、たびたび脳が目覚め、熟睡ができない。結果として昼間に著しい眠気に襲われます。
  2. 繰り返される無呼吸の時に、血中の酸素が不足する(低酸素血症)。よって、不整脈、心筋梗塞、脳梗塞などを起こしやすくなります。
  3. 夜間に脳が目覚めることが繰り返されるため、交感神経の緊張状態が続いて、自律神経が乱れる。これにより、内分泌系にも影響を及ぼし、低酸素血症のストレスも加わり、動脈硬化症、糖尿病や高血圧症などの合併症を発症しやすくなります。

治療法

睡眠時無呼吸症候群を完全に治す治療法は未だありません。
しかし、減量、歯科装具療法(スリープスプリント療法)、経鼻的持続陽圧呼吸(CPAP装置)療法や手術などにより、症状を大きく軽減することができます。

スリープスプリント療法とは

えがしら歯科では、あなたにあったスリープスプリント装置を製作します。
※耳鼻咽喉科などで睡眠時無呼吸症と診断され、紹介状を持参された場合、健康保険の適応となります。


寝るときにスリープスプリント(特殊なマウスピース)を口に入れて睡眠する方法で、この装置を入れることでのどの気道が広がり、いびきや無呼吸を軽減したり、なくしたりする効果があります。


いびき・無呼吸症候群の主な治療法として使用されている「CPAP装置」は、装置から出ているチューブの先に取り付けられたマスクを着用して睡眠しなければならないためにとても不快ですが、スリープスプリント療法はマウスピースを装着して眠るだけで気道を広げ、睡眠の質を改善できるのでおすすめです。

生活上の注意

肥満を予防することはもとより、就寝前の飲酒や睡眠薬の服用、過労などは、気道の筋肉をゆるめて、いびきや無呼吸を増強させてしまうので、避けることが望ましいです。また、仰向けよりも横向きに寝るほうが、気道の塞がりを軽減できます。