医院情報

診療時間

診療時間
9:30〜13:00 ×
15:00〜19:30 ×

※木曜日・日曜日・祝日 休診

△土曜のみ午後の診療は14:00〜18:00となっております。
※口腔外科医の診察日時は受付までお問い合わせください。

アクセス

[ 地下鉄御堂筋線 ]
西田辺駅4番出口より徒歩0分
〒545-0021
大阪市阿倍野区阪南町5-23-15
西田辺林ビル(西田辺駅前)

待合室/診療室/トイレなどの院内は土足OKのバリアフリーです。
ベビーカー/車椅子の方でも安心してお越しください。

ご予約・お問い合わせ

0120-92-4618 0120-92-4618

TEL 06-6693-4618

FAX 06-6693-4617

診療メニュー

痛くない治療

HOME > 医院案内 > 痛くない治療

無痛治療への7つの取組み

あなたは、
「痛くされるのがイヤで虫歯を放置してたらひどくなってしまった!」
「歯医者=痛いもの。行くのが憂鬱で仕方がない。」
といった経験をお持ちではないでしょうか?


「虫歯の治療」と聞いたとき、一番初めに思うのはやはり「痛いからイヤだなぁ」という事ではないでしょうか?


「治療をしないと治らない」と分かっていても、歯医者さんが苦手で、「できれば行きたくない」と言う方は少なくないと思います。
でも、虫歯を放っておき治療しないでいると、どんどん進行して、最終的には大切な歯を抜くことになるかもしれません。
これこそ考えただけで痛そうですよね…。


えがしら歯科では、そんなあなたが歯科治療に抵抗を感じないよう、次のような「7つの取組み」を行っています。

歯茎の表面に、麻酔の塗り薬を塗っています

麻酔を注射する前に、「表面麻酔」と呼ばれるジェル状の塗り薬を歯茎に塗ります。
これにより、麻酔の針をさすときの「チクッ」という痛みの感覚を大きく軽減できます。


歯科業界ではたくさんの表面麻酔剤が開発されているのですが、ほとんどの歯医者さんでは使われていません。
なぜなら、手間と時間がかかってしまうから。効率を考えたら、ちょっと痛みを我慢してもらっていきなり注射するほうがいいのです。
しかし、それでは歯医者さん嫌いの患者さんを増やすだけです。


えがしら歯科では、歯医者を好きになってもらって、自分の歯を大事にしてくれる患者様を作っていきたいという想いがあります。
だから、まず表面麻酔をしっかり塗り、きちんと麻酔が浸透するのを待ってからゆっくり麻酔注射を行なっています。
たまに、「いつ注射したか分からなかった」とおっしゃる患者さんもいらっしゃいますよ。


麻酔のテクニック

当たり前ですが、良い針や麻酔器があっても、テクニックがなければ痛みが生じてしまいます。
実は歯茎には、針を刺しても痛い場所とあまり痛くない場所があります。
また、針を刺すときのスピードが、ゆっくり刺すのと一瞬で刺すのでは痛みを感じる時間も違います。
他にもいろんなテクニックやコツがあります。
私たちは、必要最小限の麻酔薬で、最大限の効果を引き出すために、日々工夫を重ねています。


麻酔液を人肌に温めています

注射するときに、麻酔液が体温より温かすぎたり冷たすぎたりすると、液が入ってきたことを体が敏感に感じ、それが痛みにつながってしまいます。
ちょうど、朝起きて顔を洗うときに水が冷た過ぎたり、熱すぎたりして痛く感じるのと似ています。


そこで当院では、体温に近い、人肌くらいの温度に麻酔液を温めてから注射しています。(温めても麻酔液の品質に変化はありません。)
もちろん温めなくても使えますが、これくらいの事で痛みをより軽減できるのですから、ひと手間を惜しまず、必ず温めています。


一番細い注射針を使っています

太い針よりも、細い針のほうが痛みを感じにくいというのは当たり前ですよね。
歯科で使用する針の中には、太さが0.4mmのものもありますが、当院では歯科で使われている注射針の中で一番細い「33G(0.26mm)」という細さのものを使っています。
(当院では口腔外科もおこなっているため、部位や治療内容の違いにより、やむを得ずもう少し太めの針を使う事があります。)


麻酔が効くまで待ち、確認してから治療をはじめます

麻酔を行なってからすぐに治療を始めてしまいますと、麻酔がきちんと効いていなくて痛みを感じてしまうことがあります。
一度痛いと感じてしまうと、痛みに敏感になり、患者さんにとっても治療が辛くなってしまいますので、必ず麻酔が効いたことを確認してから治療に入ります。


信頼関係による無痛(自分が信頼した歯医者さんで治療する)

同じ治療方法でも、痛みを感じられない方もいれば、ほんの少しの刺激で痛く感じる方もいます。
ものすごく痛がりなのに、深い虫歯の治療でも平然とされている患者さんに驚くこともあります。
このような場合は、痛みそのものより「痛くされるんじゃないか?」といった恐怖心が敏感にさせている事が多いようです。
いくら麻酔や治療法を工夫しても、痛く感じる方はいますが、信頼した人に治療されると少しの痛みも我慢できてしまうものです。


まずは様々な治療法にとらわれず、安心して治療できる歯医者さんで治療するのが第一歩。
患者さんとコミュニケーションをとり、できるだけリラックスして治療を受けていただき、またみなさんに信頼していただけるよう、院長・スタッフ一同最善を尽くして参ります。


予防が大切です!


痛みの感じ方は、人によって様々です。
特に前歯や舌側の歯茎は薄くて敏感なので、上記の取り組みを行ってもなお、痛みを感じる場合があります。
また、痛みが強い場合や炎症がはげしい場合は、麻酔が効きにくいなど、無痛治療への効果が薄くなってしまいます。
歯が痛くなってから歯科医院に行くと、その痛みを取り除くための治療自体も苦痛になってしまいます。


当たり前ですが、虫歯が小さければ、無痛治療への効果も大きく、痛みも軽減されます。
つまり、歯が痛くなる前に予防をしていれば、嫌々歯医者に行くことや、治療時の痛みについて、あれこれ頭を悩ます必要はありません。


歯が痛くなる前に歯科医院で定期検診を受けて、快適な生活を送ってください!