大阪市阿倍野区西田辺 インプラント周囲炎

インプラント周囲炎は健康な歯に影響する?

大阪市 阿倍野区 西田辺えがしら歯科

歯科医師 院長 江頭伸行

大阪市 阿倍野区 西田辺 インプラント周囲炎

失った歯を補うためにインプラントは現在において確立された治療方法ですが、インプラントも「インプラント周囲炎」と呼ばれる歯周病に罹患します。

今回は、インプラント周囲炎が健康な歯にどのように影響があるか解説します。

インプラント周囲炎とは

インプラント周囲炎はインプラントの歯周病と言われるように、歯垢が原因で起こる病気です。

インプラントの周りに炎症を起こしている状態を「インプラント周囲粘膜炎」といい、骨にまで進行したものを「インプラント周囲炎」といいます。

インプラント周囲炎の原因は、歯垢による細菌感染や歯ぎしり、食いしばりなどの負担がかかった場合に、インプラントと骨の結合が破壊され、周りの歯肉に炎症を起こします。

進行すると骨が溶けてしまい、膿が出たりインプラントが動揺したり、脱落する可能性があります。

歯周病とは

歯周病とは歯垢が歯垢が原因で、歯肉の炎症を起こし、進行すると歯を支えている骨を溶かす病気です。

日本人の8割が罹患しているといわれており、ほとんどの方が自覚症状がないため、気づいたときには進行している場合がほとんどです。

インプラント周囲炎と歯周病の違い

歯周病とインプラント周囲炎も、歯垢の中にある細菌が原因です。

細菌の種類も類似ていおり、天然の歯の歯周病部位から、インプラントに伝わり、感染することが確認されています。

インプラント周囲炎は健康な歯に影響する?

インプラント周囲炎が健康な歯に影響するかは、報告されていませんが、インプラント周囲炎と歯周病の原因菌が類似していることから、インプラント周囲炎に隣接している歯への影響はあると考えられます。

大阪市阿倍野区西田辺 インプラント

インプラント周囲炎の治療方法

インプラント周囲炎の原因は、歯垢による細菌感染や歯ぎしりや食いしばりなどの負担にあることから、プラークコントロールや定期的なメンテナンス、かみ合わせの改善が行われます。

重度の場合は外科的処置を行うことがあり、保存できない場合はインプラントの除去を行います。

インプラント周囲炎の初期の場合の治療…機械的清掃

インプラント周囲炎の中等度の場合の治療…機械的清掃と抗菌、殺菌療法

インプラント周囲炎の重度の場合の治療…外科的処置や再生療法、インプラント除去

(※個々の症状により治療方針は異なる場合があります)

まとめ

歯周病に罹患している場合、インプラントへの影響があるので、事前に歯周病治療を行ってから手術を行うことが一般的です。

また、確認はされてませんが、歯周病とインプラント周囲炎の原因となる菌は類似していることから、隣接した歯にも影響があると考えられています。

インプラント治療を受ける際は、検査や治療を行う歯科医院に通院することをおすすめします。

大阪市 阿倍野区 西田辺えがしら歯科

歯科医師 院長 江頭伸行