大阪市 阿倍野区 西田辺 インプラント

インプラントの寿命はどれくらい?|インプラントを長持ちさせるコツ

大阪市 阿倍野区 西田辺 えがしら歯科

歯科医師 院長 江頭伸行

大阪市 阿倍野区 西田辺 インプラント

インプラントはしっかりケアをすることで10~15年以上長く持ちます。

今回はインプラントの寿命と長持ちさせるポイントについて紹介します。

インプラントの寿命とは

世界でもトップクラスのシェアを誇る当院が採用しているインプラント メーカーのストローマン社によると、インプラントの10年生存率は10年で99.8%といわれています。

またほとんどのメーカーで同じ数値の臨床研究結果が出ていることから、インプラントの寿命ははおおよそ10~15年以上といえるでしょう。

インプラントを長持ちさせるコツ

インプラントは保険が適用しない高額な治療になります。

そのため長く持たせたいと思う方は多いでしょう。

インプラントを長持ちさせるコツは以下のようなものがあります。

・歯ぎしりや食いしばりの対策をする

・メンテナンスを怠らないようにする

それぞれ詳しく解説します。

歯ぎしりや食いしばりの対策をする

仕事中や就寝時に無意識に歯ぎしり食いしばりをする方は多いです。

噛む力が強いとインプラントと被せ物の間にあるアバットメントに負担がかかることがあります。

そのような場合はネジが緩くなったり、インプラントに負担がかかり破損したりする可能性が高くなります。

歯ぎしりや食いしばりは、原因解明はできていませんが、お口の中の問題ではなく、脳の問題と解明されて生きています。

歯ぎしりや食いしばりの対策は就寝時に装着するナイトガードなどを使用することで、インプラントにかかる負担を軽減することができます。

メンテナンスを怠らないようにする

インプラントも歯と同じようにインプラント周囲に歯垢(プラーク)や歯石が付着し、インプラントでも歯周病になることがあります。

これはインプラント周囲粘膜炎インプラント周囲炎と呼ばれています。

インプラント周囲粘膜炎が発症するとインプラント周囲の歯肉が腫れたり出血したりする症状です。

インプラント周囲の歯茎の骨を溶かします。

進行するとインプラント周囲の骨にまで感染しインプラントが脱落する可能性があります。

これをインプラント周囲炎といいます。

インプラントは天然の歯と異なり、神経がありません。そのため自覚しにくく、病気が進行しやすい特徴があります。

インプラントの周りが腫れるな、と感じたら突然にインプラントが取れてきたりします。

ちなみに、その時の痛みはあまりないようです。また、脱落してしまえば、そのインプラントはそれで終了となります。

歯茎は少しやせてしまいますが、特にインプラントは後遺症は残しません。歯茎の骨が多少残っているようなら再度、インプラントを埋入することができるかもしれませんん。

インプラントの歯周病を予防するため、高価な投資を無駄にしないためにも、自宅でのセルフケアと専門家によるプロフェッショナルケアを怠らないようにしましょう。

まとめ

インプラントはおおよそ10~15年以上持つといわれており、中には30年以上持つ方もいます。

インプラントの寿命はメンテナンスをしっかり行うことで、長持ちさせることが可能です。

また、歯ぎしりや食いしばりがある方でもナイトガードなどの対策をすることで、被せ物やインプラントに与えるダメージを軽減することができます。

インプラント治療をご希望の方は、メンテナンスも考慮して受けるようにしましょう。

大阪市 阿倍野区 西田辺 えがしら歯科

歯科医師 院長 江頭伸行

インプラント周囲炎は健康な歯に影響する?

ストローマン社の歯科インプラントとは

当院が入れ歯よりインプラントを勧める理由