インビザライン(マウスピース審美矯正)

HOME > インビザライン(マウスピース審美矯正)

インビザラインで、こっそり歯並びをキレイに

インビザライン(マウスピース審美矯正)とは、透明なマウスピース型の矯正装置を歯に装着して、前歯の歯並びを矯正する歯列矯正の治療法です。

特徴は、お口の中の状態をデジタルデータとしてコンピューターに取り込み、3次元シミュレーションソフトを使い、3Dアニメーション動画で歯の移動シミュレーション矯正終了後のイメージ画像を見ることができることです。

アライナーと呼ばれるインビザライン矯正用マウスピースは、とても薄く、透明なので装着していても目立たないだけでなく、違和感も少なく、食事や歯磨きなどの必要な時はご自分でも取り外すことが出来るので、ストレスなく歯列矯正を行うことができます。

アライナー(インビザライン矯正用マウスピース)を、治療の段階に合わせて、新しいアライナーに何枚も交換していきながら、徐々に歯を動かし、歯並びを矯正していきます。

重度の歯列矯正は行えないという欠点がありますが、前歯などの軽い歯並びの乱れであれば、一般的なワイヤーを使った矯正治療よりも早く治療できる場合もあります。

アライナーはホワイトニング用のトレーとして使っていただくことも可能なので、ご希望であればホワイトニングも同時に行うことも可能です。

歯列矯正は、見た目の美しさを改善するだけではありません、歯並びが悪いと歯磨きをしても磨き残しが出やすく、虫歯や歯周病のリスクが高まります。

正常な歯の位置だとブラッシングがしやすくなり、清掃性が格段に良くなり、歯並びが悪いときに比べて圧倒的に歯の寿命が伸びると言えます。

歯の寿命が伸びるということは、生涯にわたって健康で豊かな生活を送れるという事です。
これから、平均寿命が100歳に向かっていく時代において、歯並びの良さは重要な意味を持ちます。

より多くの方に矯正治療を受けていただき、良い歯並びを作り、生涯長きに亘り健康を維持していただければと思います。

iTero(アイテロ) 〜口腔内デジタルスキャナー 〜

iTero(アイテロ)とは、口腔内をスキャンして、データを直接コンピューターに取り込むことが可能な、世界でも新しい3Dスキャニング装置です。
インビザラインのために開発されました。
インビザラインを行うにあたり、歯型を採取するときの負担が少なくなり、従来の歯型もより精密なデータを集めることができる画期的な新しい装置です。

≪iTeroのメリット≫

.轡潺絅譟璽轡腑鷏覯未確認できる
スキャニング後は約5分で矯正治療のビフォーアフターのシミュレーションをご覧いただけます。
矯正の結果がすぐに画像で見られるのは大きなメリットです。
※あくまで簡易のシミュレーションであり、正確な治療計画はその後作成されます。

快適さの向上
従来、インビザラインのアライナー(インビザライン矯正用マウスピース)作製には、『シリコン印象』という精密印象材で、数分間かけて歯型を採取していました。
シリコン特有の匂いや、シリコンが硬化するまでの時間などを気にする必要があり、特に嘔吐反射の強い方には辛いものでした。
しかし、iTero(アイテロ)の導入により、型取りすることなくインビザラインを始めることができます。

治療精度の向上
新しいスキャニング技術でデータの精度が上がり、アライナーの精度も上がります。
これにより、今までのシリコン印象による歯型を採得する治療に比べて、さらに矯正治療の結果が向上します。

インビザラインのメリット

インビザラインは、世界で普及率の高く症例数も多い治療法です。
特に、前歯部の部分矯正を行う方の治療に適しています。
矯正後の歯の位置をシュミレーションできます。矯正期間のイメージができて、安心して矯正できます。

_適に食事ができる!…食事の時は取り外し、快適に食事をすることができます。
口腔内を健康に保つことができる…取り外して、簡単に歯磨きやフロスでお口のお手入れができます。
L槊ちにくい…アライナー(インビザライン矯正用マウスピース)は透明で薄いので、矯正をしていることがほとんどわかりません。
ぜ命燭盖い砲覆蕕覆ぁ…ワイヤー矯正中に結婚式や大事なイベントがあると、写真写りも気になって楽しめませんよね。インビザラインなら、そのときだけマウスピースを取り外しても大丈夫です。
チ着感が良い…革新的なテクノロジーや機能、素材により、装着感が良く、優れた歯列矯正を行えます。
δ民_鷽瑤鮓困蕕擦襪海箸癲捗藉に問題がなければ、通院が1〜2ヶ月に1回で済むことも。(症状による)
Д曄璽爛曠錺ぅ肇縫鵐阿同時に行えます(症状による)

デメリット

.▲薀ぅ福次淵ぅ鵐咼競薀ぅ鷆裟詰僖泪Ε好圈璽后砲20時間以上使わないと歯が治療計画通りに歯が動かなくなり、治療が行き詰まってしまうことがあります。
⊂豺腓砲茲蝓▲▲薀ぅ福爾粒亮造淵侫ッティングや歯の動きを助けるために、アタッチメントと呼ばれる突起を歯につけます。また、歯の移動に必要なスペースを作るため、歯と歯の間を少し削る処置が必要な場合があります。(この処置で虫歯になったり、歯が弱くなることはありません)
歯の動く範囲はワイヤー矯正と比較すると少ないので、歯を抜く必要がある方や重度の受け口の方は、アライナー(インビザライン矯正用マウスピース)での矯正は行えません。

また、インビザライン矯正を行う前に、歯周治療や虫歯治療が必要な場合もあります。
当医院ではインビザラインの治療開始にあたっては、慎重に症状を検討して適応を選ぶ体制をとっています。
インビザラインの治療が好ましくない場合は、お勧めしません。

治療の流れ・費用

初回のアポイント(1時間半程度)
・カウンセリングと検査、口腔内のスキャンを行います。
・スキャン後、画面上で簡易のシミュレーション(ビフォーアフター)をご覧いただけます。
・精密診断をご希望の方には、精密診断料をお支払いいただきます。

費用:虫歯・歯周病検査・写真撮影・レントゲン(保険適用)、 スキャン・カウンセリングは無料
精密診断料30,000円

2回目
・精密診断(具体的な仕上がり・治療期間)結果報告とカウンセリング
・インビザライン矯正治療(自費治療)の契約書のご記入

費用:インビザライン審美矯正費 420,000円(必要枚数のアライナーと保定装置3セット込)

3回目(約2週間後)
治療開始
・アライナーをお渡しします。その際、アタッチメントやIPRが必要な場合があります。
※アタッチメント…アライナーの確実なフィッティングや歯の動きを助けるために、歯科用接着剤で突起をつけます。
IPR…歯の移動に必要なスペースを作るため、歯を削る処置。この処置で虫歯になったり歯が弱くなることはありません

費用:3,000円

4回目(約2〜4週間後)
定期チェック
・口腔内の確認と、以後のアライナーをお渡しします。ご来院時は、必ず使用中にアライナーをお持ちください。
・簡単なクリーニングを行います。

費用:3,000円

5回目以降(約1カ月毎、アライナーの枚数により来院回数は異なります)
定期チェック
・口腔内の確認と、以後のアライナーをお渡しします。ご来院時は、必ず使用中にアライナーをお持ちください。
・簡単なクリーニングを行います。

費用:3,000円

最終回
口腔内の確認と口腔内写真の撮影を行います。ご来院時は、必ず使用中にアライナーをお持ちください。
・アタッチメントの除去、保定アライナーのお渡し(3セット)と保定期間のご案内。

費用:3,000円

保定期間(後戻り防止期間)2年間
定期診察
アライナーの使用をやめると、歯はすぐに元の位置に戻ります。
後戻り防止のためのアライナー(保定装置)は、最初の3カ月間は1日12〜15時間、必ず装着してください。残りの期間は、夜のみ装着してください。
費用:3,000円

※各種クレジットカード、分割払いデンタルローン(アプラス)が、ご使用になれます。
詳しくはお問い合わせください。

よくある質問 Q&A

A:初めてアライナー(インビザライン矯正用マウスピース)装着時や交換後すぐは、歯に圧迫感があり、痛く感じることもあるかもしれませんが、自然に消失します。
ワイヤーの矯正と比較して少なめです。

A:他の矯正治療と同様に、舌がもつれたりするなど、一時的に話しにくいことがあります。
しかし、装置に慣れるに従って話しにくさも解消されていきます。

A:アライナー(インビザライン矯正用マウスピース)の使用時間は1日 20時間以上が原則です。
飲食の時は外し、それ以外の時間は寝る時間も含めてつけていて下さい。
メガネやコンタクトレンズや服を着る習慣と同じように慣れて頂きたいと思います。
最初の1週間ぐらいで20時間以上使う習慣に慣れてしまう方が多いようです。

A:症状によって異なりますが、およそ5カ月〜1年程度です。

A:アライナー(インビザライン矯正用マウスピース)は、マルチブラケット装置と比べて、装置1回分の歯の動く量は少ないですが、無駄の無い歯の動きを行いますので、治療期間はマルチブラケット装置と比較してあまり変わりません。

A:矯正治療で動かした歯は、元に位置に戻ろうとする傾向(後戻り)がしばらく続きます。
そのため、矯正治療後は、後戻りを防ぐための保定装置(リテーナー)を1年〜2年程度使う必要があります。(通常のワイヤー矯正も同様に必要です。)
保定開始後1年間は治療中と同じように1日 20時間以上、保定装置を使って頂きます。2年目は、家にいる時間や寝る時など短くしていきます。
保定装置を指示通りに使わないと、歯ならびが戻ることもありますので、しっかり使いましょう。
また、保定装置を使っていても、様々な要因により若干歯ならびが元に戻ることが避けられない事もあります。

A:現在、当医院では子供のインビザラインの治療はお勧めしていません。

A:特に食べるものに制限はありません。ただし食事中はマウスピースを外してください。

A:水以外の糖分の入った飲み物は、むし歯の原因、色の濃い飲み物はやマウスピースの着色や汚れの原因になります。
また高温の飲み物はアライナーを変形させる原因となります。
水を除き、アライナーを装着した状態での飲食は行わないでください。

A:ワイヤー装置においても同じ事ですが、永久歯を抜かない治療の可能性も検討した上で、必要なら歯を抜く治療を行います。
無理に歯を抜かない治療を行うと、治療後の後戻りが起こりやすくなったり、口元が突出したような仕上がりとなる可能性があるのでお勧めできません。

A:歯ならびの状態がインビザラインの治療に適さない場合は、インビザラインの治療はお勧めしません。

A:治療がうまくいかなくなる原因で一番多いのは、患者さんが決められた装置の使用時間(20時間以上)を守らない場合です。また、その他の理由で歯が治療計画通りに動かなくなる場合もあります。その様な状態になると、アライナーがしっかりと歯にフィットしなくなります。
フィットしなくなった場合には、新たに歯型を取って治療計画を練り直した装置を作り直す事があります。
また、インビザラインの治療が上手くいかず、対応が困難になった場合は、マルチブラケット装置の治療に切り替えて治療を継続することもあります。