院長メッセージ

HOME > 院長メッセージ

えがしら歯科は、これまで地域の皆さんのお口の健康を守るための歯科医療を実践してきました。その結果、多くの方に歯の大切さ、予防の重要性をご理解、共感いただき、定期的に歯のメインテンスに通っていただいており本当に嬉しく思っております。

本来、歯科医療は、歯やお口の健康を維持させることで、身体の健康につなげ、生活の質を向上するという目標を持っています。

現在日本では、まだまだ「歯科医院は、痛みなど症状がでたら行くところ」と思われ、「治療をすること」が歯科医療だと考えられています。

そのため、本来の歯科医療の目標がかすんでしまっているように思います。

当院では、MTM(メディカルトリートメントモデル)を、すべての患者さんに行っています。

MTM(メディカルトリートメントモデル)とは、予防先進国スウェーデンの予防歯科の教授であったボー・グラッセ教授の提唱する歯科医療モデルです。

口腔内の二大疾患である「むし歯」と「歯周病」の現状と個人リスク(なりやすい体質)を検査・分析することがその特徴です。
治療を行う前に、その原因を突き止め、原因を取り除くとともに、患者さんに原因や個人リスク(なりやすい体質)について現状をお伝えするカウンセリングを行います。
その後、患者さんのリスクに合わせた治療を行い、継続的な歯やお口のメインテナンス(歯のクリーニングやフッ素など)を行うという、一連の治療から予防歯科への診療の流れのことです。

当たり前と思われるかもしれないが、現在の日本では一般的ではない流れです。
(日本では、原因や個人リスクにほとんど着目せず、治療主体で診療を行っています。)

このモデルの素晴らしい点は、高い精度で唾液検査やお口の中の精密検査を行い、その患者さんに合った高いレベルでの治療・予防の計画を立案し、説明できることです。

えがしら歯科は、歯科医療を、歯やお口の中だけのものと捉えることなく、全身の健康を維持するための土台となる医療と捉えています。

定期的な歯のメインテナンスを継続することで、健康な人を健康のまま維持し、また、問題を抱えて来院された方には適切な治療を行った上で、得られた良い状態をできるだけ長期に維持するための診療スタイルを構築してきました。

歯周病に関しては、通常の基本歯周治療はもとより、薬で歯周病を治す歯周内科治療、再生治療剤「リグロス」や「エムドゲイン」での歯周組織再生療法を習得しております。
インプラント治療では、世界が認めるメーカーのインプラント体の使用し寝ている間に手術が終わる静脈内鎮静法(点滴麻酔)、抜歯即時インプラント埋入法などの、より高度な治療法も行っています。
審美治療ついては、耐久性も良く、しっかりと噛めること、歯の形や色調の美しさで、患者さんのQOL(生活の質)をより高めることを目的に行っています。

「歯科治療はよくわからない」「どんな歯科治療があるのか知りたい」「自分が受ける治療をしっかり理解しておきたい」という方にも安心して治療を受けて頂くために、歯科知識を持った歯科カウンセラーや歯科医師がカウンセリングルームで検査結果や治療の詳しい説明、カウンセリングを行っております。

そして、スペシャルケアルーム。
歯科衛生士が予防処置を行う特別な部屋で、クリーニング、ホワイトニングなど、治療以外のことを行います。
治療スペースとは異なるゆったりと落ち着いた雰囲気の中で、くつろぎながらお口のケアを受けていただけます。

えがしら歯科では、健康を追求し、多くの皆さんのQOL(生活の質)をさらに向上するために、これからも新しい歯科医療を展開していきたいと考えています。
そのためにも、提供できる診療の枠組みをさらに広げ、一方ではより専門的な歯科医療も提供できるように、医院の総合力を高めて行こうと考えています。

これからのえがしら歯科のさらなる取り組みにどうぞご期待ください。

医療法人優伸会えがしら歯科
理事長 江頭伸行