当院の新型コロナ対策について

HOME > 医師・スタッフ紹介 > 院長ブログ > 当院の新型コロナ対策について
2020年05月14日12時00分 Edit By:院長 江頭

歯科医院でのコロナ対策


※以下は、緊急事態宣言発令中の対応です。解除後は、必要な予防対策を継続しながら診療を行っています。

現在、コロナ感染のために緊急事態宣言が発令されておりますが、当院では安心して治療を受けていただけるように感染防止対策に最大限つとめ、診療を行っております。

歯が痛い、噛めない、詰め物・被せ物が取れた、入れ歯の調子が悪い、違和感があるなど日常生活で困ること、不安なことに関しましては治療いたします。

できるだけ安心して治療を受けてもらうために


3つの密を避けるための取り組みを行っています。

換気の悪い密閉空間待合室の自動ドア、窓、勝手口の開放しています。エアコンによる温度管理ができません。ご了承ください。

多数が集まる密集場所待合室・診療室が存在する人数が複数にならないように30分に1〜2人程度と、診療人数を少なくします。ご希望の時間、担当者などに添えない場合があります。

間近で会話する密接場面治療スタッフの感染防護対策(マスク、フェイスガード、キャップ、ガウン)、スタッフの毎日の検温及び手指消毒の徹底

コロナ時下の歯科治療

加えて、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、患者様皆様方に安心して通院して頂けるように当院では以下の通り、取り組みを行っております。

当院の患者様でいらっしゃる方もそうでない方も皆様方に是非一度目を通して頂けますと幸いです。


当院が他に行っている取り組み


・院内に消毒用アルコールの設置
・待合室における雑誌、新聞等の撤去
・待合室・診療室内の全面換気
・院内外のドアノブや自動ドア、受付カウンター、トイレノブ等を手指が触れる箇所の消毒
・プラズマクラスターの設置
・口腔外バキュームの使用
・患者様の治療前のリステリンによる洗口

歯科治療台の消毒

(下記は以前より行っています)
・「滅菌シート」に入れ、高圧蒸気を使った「オートクレーブ」で滅菌処理
・タービン・ハンドピース(歯を削る機器)は、毎回、専用の滅菌機DAC Universalで洗浄・滅菌
・患者さん毎にチェア、チェア周り、治療中に触れる部分の消毒
・使い捨てグローブ、コップ、ヘッドレストカバー、エプロンの使用
・日本歯科医師会、口腔外科学会等の最新の指針や情報に基づいた対策を当院では積極的に行っております。



患者様へのご理解とご協力のお願い


以下のような事項に該当する方は治療及びメインテナンス予約の延期及び予約の延期を検討させて頂く場合がございます。ご了承下さい。

37.0℃以上の発熱や咳症状及び倦怠感のある方
現在同居する方に発熱や咳などの症状がある、自宅隔離を要請されている方
身内や勤務先などでコロナウイルス陽性患者が出ておられる方
過去14日以内に海外渡航歴のある方
過去14日以内に海外から帰国された方との濃厚接触歴がある方
過去14日以内に感染者急増している都道府県へ出かけたことがある方
過去14日以内に50人以上が屋内で集まる集会やイベントに参加された方
※加えて過去14日以内より嗅覚、味覚異常が出てきた方につきましても感染初期症状の可能性がございます。
来院前にご連絡頂けますと幸いです。


歯科受付の消毒

診療制限対象患者さん


・75歳以上の後期高齢者
・コントロールされていない基礎疾患(糖尿病など)をおもちの方

患者様におかれましても通院による感染の不安がある、重症ではないものの咳や発熱、倦怠感がある、または接触者の感染が確認された場合などはご無理なさらずにご相談、予約変更のご連絡を頂ければと思います。

当院が行っているこのような取り組みはいずれも患者様の健康や命をお守りするために行っております。

今後も最新の状況に合わせた万全の対策をスタッフ一同、一丸となって尽力して参ります。ご迷惑やご心配おかけして申し訳ございませんが、何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。