医院情報

診療時間お昼も休まず診療中!

診療時間
9:30〜18:00

※日曜日・祝日 休診

※口腔外科医の診察日時は受付までお問い合わせください。

アクセス

[ 地下鉄御堂筋線 ]
西田辺駅4番出口より徒歩0分
〒545-0021
大阪市阿倍野区阪南町5-23-15
西田辺林ビル(西田辺駅前)

待合室/診療室/トイレなどの院内は土足OKのバリアフリーです。
ベビーカー/車椅子の方でも安心してお越しください。

ご予約・お問い合わせ

0120-92-4618 0120-92-4618

TEL 06-6693-4618

治療メニュー

歯茎が腫れて膿が出る原因と対処(画像あり)

HOME> 歯の豆知識 > 歯茎が腫れて膿が出る原因と対処(画像あり)
2018年10月21日06時00分 Edit By:歯科医師 江頭伸行

歯茎が腫れている女性

「朝、目が覚めたら歯茎がブヨブヨに腫れていた」
「前から少し歯茎が腫れている感じがしていたけど、そこから膿のようなものが出始めた」

大阪市阿倍野区西田辺のえがしら歯科にも、このような歯茎の腫れを訴えて来院される方がよくいらっしゃいます。

それでは、「歯茎が腫れる」という症状はどのようにして引き起こされるのでしょうか?

歯茎の腫れは、私たちの体に備わった『防御反応』が正常に働いている証といえます。

歯茎にバイ菌が入り込むと、そのバイ菌を退治しようと血液の中の免疫成分が感染部位に大量に流れ込みます。
この流れ込んだ免疫成分が「歯茎の腫れ」としてあらわれます。

その免疫成分の中でも特に活躍するのが白血球です。
白血球はバイ菌を自らの体に取り込み、その細菌もろとも死滅します。

この死滅した白血球が、黄白色や黄緑色をした『膿』の正体なのです。

つまり歯茎が腫れたり膿が出たりするということは、その部位が細菌に感染して炎症を起こしているという証拠です。

では具体的にどのようなことが原因で歯茎が腫れてしまうのか?

また、歯茎が腫れたり膿が出たりしたときの対処法などについてご紹介していきましょう。


1. 歯茎が腫れて膿が出たときに考えられる5つの原因


歯茎が腫れたり膿が出たりした場合、以下の5つの原因が考えられます。

歯周病による腫れ
歯茎の腫れは歯周病の代表的な症状の1つです。
歯周病は歯周病菌の感染が歯茎だけに限定された『歯肉炎』と、歯を支えている組織(セメント質・歯根膜・歯槽骨)にまで感染が波及した『歯周炎(歯周病)』の2つに分類されます。

歯肉炎による歯茎の腫れは軽く、赤みを帯びます。痛みを感じることはありませんが、「歯茎がむずがゆい」などの違和感を覚えることはよくあります。

歯周病による歯肉の腫れ

歯周炎(歯周病)の場合は歯肉炎よりも歯茎が強く腫れ、時に痛みを伴います。
また中等度〜重度の歯周炎では、腫れと同時に歯と歯茎のすき間から膿がでることもあります。

歯周炎(歯周病)は『歯槽膿漏(しそうのうろう)』という他の呼び名がありますが、これは歯茎から膿が流れ出る様子を表したものです。

親知らずの腫れ
親知らずによる歯茎の腫れは下顎の親知らずに多く、ひどくなると顎の下全体が大きく腫れてしまい、口が開きにくくなるう場合もあります。
親知らずの周囲は汚れが非常にたまりやすく、特に斜め向きや横向きに生えている親知らずの周囲の歯茎は腫れやすくなります。

親知らずによる歯茎の腫れ

歯の根っこの先が膿んでいる(根尖病巣)
虫歯が大きくなって歯の神経にまで達してしまうと、神経が入っている管(根管)を通って歯の根っこの先の方に細菌が感染してしまいます。

歯茎の上の方の腫れ

歯の根っこの先が膿んでいる(根尖病巣)


また以前に歯の神経を抜く治療をおこなった際、治療が不十分で細菌が根っこの中に残ってしまった場合にも、根の先が再度感染してしまうことがあります。

このように歯の根っこの先に細菌が感染してできた病巣を、根尖病巣(こんせんびょうそう)といいます。
歯茎の下の方、根っこの先にあたる部分の歯茎が腫れる場合は、根尖病巣がある可能性が高いでしょう。

根尖病巣

歯にひびが入る・歯が割れている
歯ぎしりをする方食いしばりをよくする方、また以前に歯の神経を抜いた歯は、強い力が加わると歯にひびが入ったり、割れたりすることがあります。

そのひびや割れたすき間から細菌が感染してしまうと、歯茎が炎症を起こし腫れる場合があります。

歯のひびによる歯茎の腫れ

高血圧やてんかんの薬による副作用
高血圧てんかんの治療で服用する薬剤の中には、歯茎の腫れを引き起こすものがあります。
これは炎症による腫れではなく、薬の副作用によって起こる歯茎の腫れで、薬の服用を中止すれば腫れ自体は治まります。

ただ実際に薬を中止することは難しく、副作用によって腫れている歯茎に細菌が感染すれば歯肉炎や歯周炎を起こし、さらに腫れが強くなるので注意が必要です。


2. 歯茎が腫れた時の対処法


歯茎が腫れる、膿がでるなどの症状があらわれたら、速やかに歯科医院を受診することをお勧めします。

ただ「夜間や休日で歯科医院が開いていない」「忙しくて受診できない」という場合は、以下のような方法で腫れや痛みを鎮めましょう。

患部を冷やす
歯茎が大きく腫れ、熱を帯びているような場合は、患部を冷やすと症状が和らぎます。
ただし、冷やしすぎは血行を悪くし治りを悪くするため、氷や保冷材などを直接当てるようなことは控えましょう。

患部を冷やす場合は、冷水に浸して絞ったハンカチやタオルなどを優しく当てるようにしてください。

市販の痛み止めを服用する
歯茎の腫れと同時に痛みを伴う場合は、市販の痛み止めを服用して症状を和らげましょう。

市販でも販売されているロキソニンやイブプロフェン、エテンザミドには鎮痛作用のほかに炎症を抑える作用もあるので、歯茎の腫れを抑えるのにも有効です。

歯茎の腫れ止めの薬

うがい薬で患部を消毒する
イソジン(ポピドンヨード)やアズレン(アズレンスルホン酸ナトリウム)といった殺菌成分を含むうがい薬で患部を消毒するのも、歯茎の腫れを鎮めるには効果的です。

ただし、アルコール成分を含む『マウスウォッシュ』などは患部を刺激してしまうので使用は控えましょう。


歯磨きは「やわらかめ」の歯ブラシを使用する
歯茎が腫れているときは、歯磨きも普段より痛みを感じやすくなります。
痛みが強い場合は無理をせず、上記に挙げたようなうがい薬で患部の歯茎を清潔にするのも1つの方法です。

ただ、汚れがたまっていくとさらに腫れを大きくする可能性もあるので、可能であればやわらかめの歯ブラシを使って患部周囲の汚れを落とすようにしましょう。

やわかめの歯ブラシ

安静を心がける
歯茎が腫れるということは、「体が細菌に負けている」ということです。
歯茎の腫れは特に体が疲れている時、病気で体が弱っている時ほど起こりやすくなります。
歯茎が腫れている時はできるだけ休息を心がけ、体の抵抗力を回復させることに努めてください。

以上に述べた5つの対処法は、あくまで応急処置であり、この方法で歯茎の腫れや痛みが引いても原因自体が取り除かれたわけではありません。

腫れが引いたからといって放置を続ければ、再び歯茎の腫れや痛みが出てくるだけでなく、最悪な場合歯を抜かざるを得なくなる可能性があります。

したがってたとえ症状が落ち着いたとしても、できるだけ早く歯科医院で治療を受けるようにしましょう。

歯医者を受診しましょう


3. 最後に…


今回、歯医者で治療をすべき代表的なケースを記載させていただきました。
しかし、歯茎の腫れは上記で述べた以外にも多種多様な歯茎の腫れ方があります。

食事中や何かで傷になって、歯茎が腫れて膿が出る場合、通常は2週間もあれば完治してしまいます。
もしそれ以上の期間、もしくは腫れ方や膿の出方がひどいようであれば、直ちに歯科医院を受診してください。