コロナが流行している今!免疫を高める方法とは・・・?

HOME> 歯の豆知識 > コロナが流行している今!免疫を高める方法とは・・・?
2020年05月02日15時28分 Edit By:歯科衛生士 井上
全身の健康を守るものの一つとして、今すぐできることをご紹介させていただきます。

t


『ロイテリ菌』ってご存知ですか?
乳酸菌の一種であり、ヒトの母乳由来のものです。
全身の健康促進に関与するものです。

gg

ヨーグルトに入っていることでも有名な乳酸菌ですが、実はほとんどの乳酸菌は胃酸の強力な殺菌パワーで死んでしまいます。
ロイテリ菌の素晴らしい所は、胃酸に耐えて腸まで届くこと!


h


私たちの体内には膨大な菌が共生していてその状態によって健康状態が左右されます。

体内常在菌とは、体の中で食べ物を分解して栄養を作り出したり、病原菌を攻撃して殺したり、免疫に関わったりして、生命維持に欠かせない重要な働きを担っています。


お

体内常在菌は『善玉菌』『悪玉菌』『日和見菌』の3種類がいて、『2;1;7』の割合が理想的だと言われています。
そのバランスは人によって違います。
悪玉菌も少しは存在した方がいいですが、増えすぎると体にさまざまな不調が出てきます。

f

免疫システムにも腸が大きく関係していて、花粉症、アトピー性皮膚炎などに悩んでいる方も実は腸に原因があるかもしれません。

腸から血液へと有害物質が移行すると、血流にのって全身に送られ、癌や糖尿病、動脈硬化、認知症などさまざまな生活習慣病のリスクが高まります。
腸内環境がいいと炎症を抑える物質をつくります。

そして腸内細菌を整えるなら犖腔ケア‘’から!

あ

口は外界との入り口であり、腸まで繋がっています。
虫歯菌や歯周病菌は腸内細菌のバランスに悪影響を与えます。
唾液と一緒に飲み込むことで腸の悪玉菌が増えてしまいます。


そんな腸内環境を変えるのが、ロイテリ菌です!!
では、ロイテリ菌の効果をまとめてみます。
●虫歯を予防する
●歯周病の改善
●口臭の改善
●ピロリ菌の抑制
●カンジダ菌の抑制
●感染症を予防
●免疫力アップと炎症抑制
●認知症予防
●高齢者の誤嚥性肺炎予防

こんなにもたくさんあります!すごいですよね(^^)

じ

しかも安全性の高いものなので、新生児から高齢者、妊婦さん、持病のある方もみなさん安心して飲んで頂けます。
ただし、薬ではないので、即効性は低く、定着するまで数日から1か月以上かかることがあります。

当院ではこの2種類を扱っています。

ほ


hh

1日1回寝る前に舐めるだけ!
さ、新しい健康習慣始めて見ませんか?(^○^)
この時期だからこそできることで予防を始めていきましょう!!

しかし、これだけで大丈夫というわけではありません。
十分な睡眠や健康的な食事、適度な運動も心掛けてくださいね!

あとはもちろん歯ブラシでのセルフケアも大事ですし、セルフケアには限界があります。
歯科での定期的なメンテナンスも必要になります。


※現在は緊急事態宣言に伴い、診療を縮小しております。ご了承下さい。
またゴールデンウイークは休診となっておりますので、恐れ入りますが、詳しくはHPにてご確認をお願い致します。