詰め物・被せ物が取れた

HOME > 詰め物・被せ物が取れた

急に詰め物がとれてしまうと、どうしようか悩むことはありませんか?

取れてしまった詰め物はどうしたらいいのか?
なんで取れたのだろう?
そのままにしていてもいいのか?
取れたまま咬んでいいのか? と、いろいろと悩むことがあると思います。

受診するまでに守って頂きたいこともありますので、ご参考にしてください。

考え得る主な原因

詰め物や被せ物は歯科用のセメントや接着剤により歯と合着や接着されています。しかし、それが取れるということは、歯かセメント・接着剤に何らかのトラブルが起こっています。

むし歯の再発

歯について言えば虫歯の再発です。虫歯によって歯と詰め物・被せ物に隙間ができてはずれてきます。

歯の破折

詰め物や被せ物の周囲の歯が割れたり、欠けたりてしまい取れてくることがあります。

セメント・接着剤の劣化や老朽化

セメント・接着剤の問題というのはセメント・接着剤の寿命です。詰め物・被せ物がはずれるまでセメントが老朽化するのには結構な時間がかかりますが、劣化や老朽化するので徐々に崩れたり、溶けていき、外れてしまいます。

詰め物・被せ物の材質や適合精度、治療後の歯量もあるので一概には言えませんが、通常10年以内にセメントの老朽化によって、詰め物・被せ物がはずれた場合は、噛み合わせの悪くなり過度の力がかかったと考えられます。
また、歯ぎしりや食いしばりを頻繁にしている方は、セメント・接着剤が劣化や老朽化しやすい傾向にあります。

詰め物・被せ物が外れてしまったら

取れた詰め物や被せ物をそのまま放置してしまうとさまざまな悪影響が出てきます。セメント・接着剤の劣化や老朽化で詰め物や被せ物が外れてしてしまった場合、むし歯になっていなければ、そのまま付け直すことができる可能性もあります。

長期間放置してしまうと歯を残すことが難しくなり、抜歯しなければならない場合もあります。詰め物や被せ物が外れてしまったら、取れたものを持ってお早めに歯科医院を受診しましょう。

市販の接着材で付けてもいいの?

詰め物や被せ物などが外れて受診される患者様の中には、取れたものをご自分でアロンアルファなどの市販の接着材で付けてしまったということがあります。これは絶対にやってはいけないことです。単に市販の接着材が人体に悪影響を及ぼすだけでなく、今後の歯に悪影響を及ぼすからです。

まず、付け直す際に雑菌を閉じ込めてしまうことです。口の中は、たくさんの細菌が存在しています。付けるときに最近が残っていると取れやすいだけでなく、むし歯菌などが中で繁殖し虫歯になったり、歯の根の方にまで細菌が入り膿んでくることがあり、その後の歯の寿命を短くする原因となります。

歯や詰め物、被せ物にこびりついて残った接着材も問題となります。こびりついた接着材はすべてをきれいに取り除くことができない場合があり、その場合、歯や詰め物、被せ物を削って取り除かなければならなくなります。そのまま付けられた可能性のあるものでも、作り直すことになる場合があります。

放置するとどうなるの?

それではそのままにしておけば良いかというと、それも良くありません。
詰め物や被せ物が外れたままの状態は、残った歯質がむき出しな上に、残った歯質は細く脆い部分があるため、放置しておくと歯が欠けてしまったり、虫歯になったり、最悪の場合は破折してしまうなどのため、外れたものをそのまま戻すことができなくなります。

もしご都合などで予約が先になってしまう場合は、詰め物・被せ物の取れてしまった部分で硬いものなどを噛まないように十分注意して下さい。

特に長く何本もつながった被せ物やブリッジが外れてしまったまま放置してしまうと、歯が動き移動してしまい入らなくなります。急に動くのではなく徐々に進行していくので、1〜2週間でどうこうということはありませんが、何ヶ月も放っておくと入らなくなります。