審美治療のQ&A

大阪市 阿倍野区 西田辺 審美 歯科 治療 

審美治療のQ&A

当院で実際に患者さんから審美歯科における審美治療について受けた質問をQ&A形式で記載しました。

Q:審美治療で歯並びは治せますか?

【ANSER】

歯並びを改善できる審美治療はいくつかあります。

歯並びを根本から改善するのであれば、当院でも行っているマウスピース型矯正(インビザライン)がおすすめです。

透明な樹脂製のマウスピースを装着することで、歯並びの乱れを整えることができます。

その他、セラミックの被せ物やラミネートベニアと呼ばれるセラミック製のチップを装着することでも、軽度の歯並びの異常を改善できます。

Q:審美治療のオールセラミックとは何ですか?

【ANSER】

セラミックのみを使った歯科治療です。

オールセラミックとは、歯科用陶材であるセラミックのみを使用した審美治療で、天然の歯に限りなく近い色、透明度、光沢を再現することができます。セラミックは生体親和性が高い材料なので、お口の健康維持にも大きく寄与します。

Q.銀歯が身体に悪いというのは本当ですか?

【ANSER】

銀歯が身体に悪い影響を及ぼす面もあります。

銀歯は強度が高く、強い力がかかる奥歯にも装着できる人工歯です。素材も安価で作りやすいというメリットがありますが、金属アレルギーのリスクがある点はデメリットといえます。

銀歯には複数の金属が含まれており、そのいずれかがアレルゲンとなる場合は、金属アレルギーを発症するかもしれません。

また、唾液によって溶け出した金属イオンが歯茎に沈着し、メタルタトゥーを生じさせることもあります。

Q:メタルフリー治療も審美治療の一種ですか?

【ANSER】

オールセラミックによってメタルフリー治療を実現できます。

審美治療の代名詞ともいえるオールセラミックは、金属を一切使用しないことから、金属アレルギーとメタルタトゥーのリスクがゼロとなります。

そのため、審美治療としてはもちろんのこと、メタルフリー治療としてオールセラミックを希望される方も少なくありません。

Q:ジルコニアとセラミックの違いは何ですか?

【ANSER】

広義にはどちらも“セラミック”です。

当院では、ジルコニアを用いた審美治療も行っておりますが、そもそもセラミックとは何が違うのか、気になる方も多いですよね。

結論からいうと、ジルコニアもセラミックの一種です。人工ダイヤモンドとも呼ばれるほど、強度に優れていますが、透明度にやや難があります。

一方、標準的なセラミック治療で用いるのは、“ポーセレン”と呼ばれるもので、透明度は高いものの、ジルコニアほど丈夫ではありません。

Q:ラミネートベニアとはどんな治療法ですか?

【ANSER】

歯の表面にセラミック製のチップを貼り付ける治療法です。

ラミネートベニアとは、エナメル質を一層削り、薄型のセラミックチップを貼り付けることで、歯の色や形、ちょっと歯並びの乱れなどを整える審美治療です。

歯質を削る量は0.5mm以下なので、歯の寿命が縮まるようなことはありません。

Q:歯をまったく削らずに見た目をきれいにする治療法はありますか?

【ANSER】

ケースによっていくつかの選択肢があります。

代表的な審美治療であるラミネートベニアやセラミック治療は、少なからず歯を削る必要があるため、抵抗感が強い方も多いようです。

その点、歯の黄ばみを漂白作用によって改善するホワイトニングなら、歯を削らずに見た目を美しくできます。歯並びに関しては、マウスピース型矯正(インビザライン)で改善可能です。

その他、当院ではほうれい線やマリオネットラインの改善が見込める「ヒアルロン酸注入」にも対応しております。

Q:審美治療をした歯だけで見た目が不自然になるようなことはありませんか?

【ANSER】

残った歯と調和するよう調整します。

審美治療では、とても美しい材料を使用することから、残存歯との調和がとれず、仕上がりが不自然になることもありえます。

ですから、審美治療は知識や実績が豊富な歯科医師に任せるのが一番です。

長年、さまざまなケースに当たってきた当院であれば、残った歯との調和するよう、細部にまで配慮した審美治療をご提供できます。

Q:審美治療は誰でも受けられますか?

【ANSER】

どなたでも受けられます。

審美治療はその種類にもよりますが、原則としてどなたでも受けることができます。まずはどのような症状にお困りなのかをお聞かせください。

治療に関するご要望もカウンセリングにて承ります。

Q:審美治療で注意すべきことはありますか?

【ANSER】

必ずしも理想的な仕上がりが得られるわけではありません。

何を美しいと思うかは、人それぞれで異なります。

歯科医学的にベストな結果が得られたとしても、それが患者さまの理想に合致しているとは限らないからです。

もちろん、カウンセリングの段階で、治療のゴール地点を共有することになりますが、必ずしも理想的な仕上がりが得られるわけではない点にご注意ください。

Q:審美治療もセカンドオピニオンを受けることができますか?

【ANSER】

もちろん、受けることができます。

審美治療は、歯科医院の方針や歯科医師それぞれの技術・経験によって、診断・治療計画も大きく変わってきます。

主治医の方針に疑問や不安が残る場合は、他院にセカンドオピニオンを求めても良いといえます。

セレック治療(CEREC)

前歯にセラミック治療をした方がよい理由