歯周病

大阪市 阿倍野区 西田辺 えがしら歯科 歯周病

歯周病

「噛むと違和感 がある。」
「歯を磨いた時に血が出る。」

あなたは、そんな不安をお持ちではないでしょうか。

実はこういった症状は、全て歯周病が原因であることが多く、しかも、歯周病は、「万病の元」と言われる程、全身に悪い影響を及ぼす病気です。

えがしら歯科では、この項目でご紹介する歯周病治療に力を入れております。最新の治療法を取り入れ、実践していくことで、患者様の大切な歯を守っていきたいと考えております。

歯周病ってどんな病気?

大阪市 阿倍野区 西田辺 えがしら歯科 歯周病ってどんな病気?

歯周病は歯を失う原因の第一位です。

歯周病は、遺伝や加齢によるものではなく、お口の中に住み着いている菌により引き起こされる炎症で、歯の表面につく歯垢(プラーク:細菌の塊)によって起こる「歯の周りの骨の病気」です。

虫歯とともに歯を失う大きな原因です。

日本人の約80%医所の人が歯周病になっているといわれています。

気づかないうちに病状が進行し、しかも多くの歯に影響するので、虫歯以上にやっかいな病気とも言えます。

また、「万病の元」とも言われ、現在では、脳血栓、脳梗塞、心筋梗塞、心内膜炎、肺炎、口臭、骨粗しょう症、糖尿病、早産、低体重児出産をも引き起こす原因だと解明されています。

歯周病の進行

歯の磨き残しなどがあると、それを材料にして細菌が歯垢をつくり、時間がたつと歯石になります。
歯垢に繁殖している何億もの細菌が出す毒素により、歯茎に炎症が起き、出血したり腫れたりする歯肉炎が始まります。

歯肉炎を放置していると、やがて歯茎の深部にまで炎症が広がり、歯を支える骨まで溶かしてしまい、最終的には歯がグラグラして抜け落ちてしまいます。

大阪市 阿倍野区 西田辺 えがしら歯科 歯周病の進行

歯周病の治療方法

歯周病の治療は、まずその歯周病の原因である歯垢(プラーク)と歯石の除去(スクーリング)し歯根の表面を綺麗に滑沢する(ルートプレーニング)ことが基本治療です。

しかし、中等度の場合はこの基本治療に加えて歯周外科処置(歯茎の手術)が必要になる場合があります。

重度の歯周病の場合は、残念ながら治療はできず抜歯しかない場合があります。

そのため、歯周病の治療は、「早期発見」「早期治療」が大変重要になります。

そして歯周病の治療で最も大切なことが、ご自身による歯磨きを徹底しお口の衛生状態を良くすることです。 一旦治療し終わっても、日々の歯磨き怠ると再び歯垢(プラーク)や歯石がたまり、歯周病が再発します。

しかし、専門的な歯周病の治療を受け、正しい歯磨きを行うことにより、歯やお口の中を衛生状態を良くして行けば、再発は防止でき、予防が可能です。

歯周病は症状が少なくゆっくり進む病気です。気づいたときには中等度以上に悪くなっていることが多いので、長期間の治療が必要な場合が多く、治療後もメンテナンス(定期的な歯のクリーニング)が重要になってきます。

歯周病の治療には、患者様の「治そう」という意思が一番大切です。

大阪市 阿倍野区 西田辺 えがしら歯科

歯周病にかかりやすいのはこんな方です

妊娠中の方
妊娠中は体温が高くなり、お口の中で菌が繁殖しやすいといった環境になっています。

また、飲食の回数が増えるため、歯垢(プラーク)が増えやすくなり、「つわり」、体調の悪さから歯磨きがおろそかになりやすいです。

また、妊娠により増加した女性ホルモン「エストロゲン」により、歯周病の原因菌が異常増殖しやすいと報告されてしまいます。
歯周病と早産との関連

糖尿病の方
糖尿病にかかっている人の場合、歯周ポケットの中の歯周病菌をやっつけてくれる白血球の働きが弱くなります。短期間のうちに歯周病が進行して重度になってしまうことが多いです。

降圧剤などの薬の副作用
歯茎に炎症があると、降圧剤の種類により歯肉が異常に増殖する薬の副作用があります。

喫煙をされる方
ニコチンの血管収縮作用(血管をちじめる)により、お口の全体や歯茎の血行が悪くなり、歯周病菌の攻撃に歯茎が負けやすくなり、歯茎の炎症が進みやすく歯周病が重症化しやすくなります。

また、血管が悪いため歯周病になっていても、症状の一つである「歯茎からの出血」が起きにくくなり、自分が歯周病になっていることに気づきにくくなります。

栄養欠陥
現在ではそれほどの栄養欠乏の方は存在しませんが、全身疾患のために栄養障害が起こりますので注意が必要です。

ストレスなどの精神的因子