滅菌対策へのこだわり

滅菌対策へのこだわり

もし飲食店でこんな事があったら、あなたならどう思いますか?

大阪市 阿倍野区 西田辺 えがしら歯科 滅菌対策へのこだわり

席に通されると、テーブルは汚れたまま。
出てきたお皿も汚れが残っている、コップには口紅がついている。
フォークやナイフもキレイに洗っているか解らない…。

とてもじゃないけど気持ち良く食事ができないですよね。
それどころか、衛生面でもとても心配です。

実はそれと同じことが、一部の歯科医院でも起こっているのです。

みなさんは普段、歯医者に限らず医療機関を受診するとき、「医療機関だから衛生管理が徹底されている」と当たり前に思っているのではないでしょうか。

歯科医院では、ミラーやピンセットなど医療器具から紙コップまでさまざまなモノが使われます。
特に歯科治療では、唾液や血液がよく器具に付着してしいます。

器具をキチンと洗浄・消毒・滅菌していないということは、飲食店で前のお客さんのモノを使うことよりもずっと汚くて、ずっとずっと危険なことなのです。

当院で念入りに行っている洗浄・消毒・滅菌などの衛生管理について、少しお話しさせていただきたいと思います。

タービンの完全滅菌を実現した滅菌器【DAC Universal

大阪市 阿倍野区 西田辺 えがしら歯科

当院では最新型の歯科用オートクレーブ滅菌器「DAC Universal(ダック・ユニバーサル) 」(ドイツ製シロナ社)を導入しております。

現在多くの歯科医院で使用されているオートクレーブでは、歯を削るタービンの内部に入り込んだ血液や唾液の除去、そして滅菌を完全に行うことができません。

しかしこのDAC Universalでは、精製水を用い、器具の外部だけでなく、手では難しい内部の隅々まで洗浄し、完全に滅菌することができます。

大阪市 阿倍野区 西田辺 えがしら歯科

高価なため、まだ日本では導入している歯科医院が少ないこの滅菌器、詳細はコチラ

オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)

大阪市 阿倍野区 西田辺 えがしら歯科

大阪市 阿倍野区 西田辺 えがしら歯科

大阪市 阿倍野区 西田辺 えがしら歯科

歯科器具を高温・高圧の状態で 完全に滅菌(すべての細菌の死滅)する器械です。
タービン類は構造が複雑なため上記のDAC Universalを使用しますが、その他の器具にはDCデントクレーブ500Mを使用しています。

医療器具などには、さまざまな細菌やウィルスなどが付着し、院内感染問題につながることがあります。このため、これらの器具には適切な滅菌処理を行う必要があります。

滅菌処理にはいくつかの方法ありますが、医療界においてオートクレーブはその中でも最も代表的な方法です。

オートクレーブ滅菌では通常、2気圧の水蒸気によって温度を121℃に上昇させ、20分間処理することで、滅菌を行います。高耐性細菌類も湿熱には弱く、オートクレーブで死滅する。これにより、ほぼ全ての細菌やウィルスを死滅させることができます。

しかし120℃以上で変質するような、熱に弱いプラスチック器具は使用することができず、また、複雑な構造の機器や器具は完全に滅菌されにくいという欠点もあります。(オートクレーブの性能によります。)

当院では性能の良い滅菌バッグ(高圧蒸気滅菌器)を使用し、滅菌処理のため使用する水は再利用せず、毎回新しい蒸留水を入れて滅菌を行うため、水道水使用時と違い塩素やホコリなどの付着がなく清潔です。

また、滅菌バッグを使用することによりオートクレーブから器具を出した後も清潔な状態が続くようにしております。

滅菌バッグ

ミラーやピンセットなどの医療器具類は、滅菌パックに入れてオートクレーブに入れ滅菌をします。滅菌バッグには小さな繊維の隙間があり、その隙間を通って滅菌器の蒸気が器具に達し、内部の器具が滅菌されます。

滅菌終了後には、バッグが密閉され、滅菌状態が保たれます。当院では、患者様の治療の直前にバッグの封を開けて、清潔な器具を使用できるようにしています。

大阪市 阿倍野区 西田辺 えがしら歯科 大阪市 阿倍野区 西田辺 えがしら歯科

紫外線保管庫

大阪市 阿倍野区 西田辺 えがしら歯科

滅菌が終了した器具は「滅菌バッグ」に入った状態で、「紫外線保管庫」 にいれて保管し清潔な状態を保ちます。

チェアの消毒

大阪市 阿倍野区 西田辺 えがしら歯科

滅菌器などに入れることができないチェアや診療台は、患者様ごとに消毒剤で拭いて常に清潔に保っています。

診療用グローブ・紙コップ・エプロン

大阪市 阿倍野区 西田辺 えがしら歯科

大阪市 阿倍野区 西田辺 えがしら歯科

大阪市 阿倍野区 西田辺 えがしら歯科

大阪市 阿倍野区 西田辺 えがしら歯科

当院では、患者様ごとに新しい歯科用手袋(グローブ)を着用しています。

厚生労働省の一般歯科診療時の院内感染対策に係る指針では、一度患者に使用したグローブを装着したまま手洗いや消毒を行って次の患者の診療に移ることは行ってはならないと示されています。
これは、歯科衛生士や歯科助手も同様です。

しかし、少し古いデータにはなりますが、平成13・14年度の「歯科臨床現場における感染予防対策についての実態調査(嶋・藤原)」によると、グローブを患者様ごとに交換している歯科医院はわずかだったそうです。

グローブを「常時使用している」のが84.4%、「時々使用する」が14.6%、使用している人のうち、「患者ごとに交換する」は7.4%。残りは午前診が終わったら交換、破れたら交換、ということになります。

もちろんグローブを着用したまま手洗いをしたり消毒をしたりしているのかもしれませんが、それでは前の患者様の菌が残っている可能性があります。

患者様毎にグローブを替えるのは、手間でもあり、コストもかさみます。しかし、当院では患者様ごとにグローブを替え、必要があれば何度も交換して治療にあたっています。

ちなみに、当院には治療ユニットが4台あり、例えばお一人の患者様に麻酔を打って、待っている間に他の患者様を治療する、ということもあります。改めて最初の患者様のところに戻って治療を続けるときにも新しいグローブを使用するので、お一人当たり2,3組使うことも稀ではありません。

手袋は何十箱もストックを準備しており、サイズや用途に合わせて使い分けています。
100枚入りの箱ですが、一日に5箱以上使ってしまいます。
紙コップやエプロンも、もちろん患者様ごとに新しいものを使用しています。

最新の滅菌機器や大量のグローブなどの費用は現在の保健システムではカバーされておらず、患者様からいただく診療費に上乗せすることはできません。しかし、患者様の安全と安心のため、そして気持ちよく治療を受けて頂くため、当院では手間とコストを惜しまずに対策を行っています。

清掃・滅菌専門スタッフ在籍

当院には、清掃・滅菌専門スタッフが在籍しております。そのため、診療スタッフがどんなに診療に忙しくしていても、清掃や消毒、滅菌がおろそかになるという心配はありません。安心して治療をお受けください。