緊急事態宣言中のコロナウィルス感染予防の対策

緊急事態宣言が発令されていますが、通常通り診療を行っております。

政府の通達でもあるように歯科治療は不要不急ではありません。

阿倍野区 西田辺のえがしら歯科では感染予防設備や対策を徹底しております。

治療風景

歯科治療において口腔内ケアすることは自己免疫を向上にさせ、コロナ感染予防に寄与します。

また健康のために治療・予防(クリーニング)の継続をお勧めします。

コロナウィルス感染予防の対策について

アルコールによる手指消毒

来院時のアルコール手指消毒

待合室に消毒スプレーを設置しておりますので、来院の際は必ず消毒を宜しくお願い致します。

スタッフも定期的な手指消毒の徹底しております。

定期的な診療室内の換気

窓を開けて院内の換気
診療室内の換気

定期的に院内換気を行っています、暖房の効きが悪くなりますがご了承ください。

 検温を行っています

来院時の検温

患者様に検温を実施しており、同じく37.5度以上ある方には、治療を控えさせていただいております。

ご理解のほど、宜しくお願い致します。

スタッフには毎朝検温を実施しており、37.5度以上あるスタッフは出勤を控えさせております。
毎日体温計の記録をとるようにしています。

飛沫対策用のシートを導入

受付に遮蔽フイルムを設置
受付に飛沫感染対策用のシートを設置

受付に飛沫感染対策用のシートを導入しました。

診察台のアルコール消毒

診療台をアルコール消毒

1回1回の治療ごとに消毒液を用いて診察台の拭き取り
を行っています。

空気清浄機(プラズマクラスター)の設置

プラズマクラスター(加湿・空気清浄機)の設置

待合室、診療室、カウンセリングルームに設置しています。
ウィルスや細菌に対して 高い不活性化・除菌・消臭力
を持っています。

ソーシャル・ディスタンス(待合の椅子を減らし、距離を保つ)

待合室のソーシャルディスタンス

待合室の椅子を減らし、患者様間の距離を保つことで
感染リスクを低減しています。

⑫ 接触感染を避けるための完全防備

スタッフにはマスクやゴーグル、マスク、キャップを着用

当院では接触感染を避けるために、マスク、グローブ、ゴーグル、キャップを着用しております。

完全防備で接触感染のリスクを低減しています。

口腔外バキュームの設置

各診療台に口腔外バキュームを設置

治療中に飛び散る微細な唾液や血液などの、エアゾルを吸引し屋外に排出します。
さらには感染の恐れのあるウィルスまで吸引し、空気中への浮遊を阻止します。

感染予防対策には有効な装置として、厚生労働省にも導入を推奨されています。

自動ドア、受付カウンター、トイレノブ等を手指が触れる箇所の定期的な消毒

受付の消毒

患者様の治療前の洗口

治療前に消毒液による洗口を行ってもらっています。

 

当院の日頃からの感染対策について

① 高圧蒸気滅菌器

通常から一般の歯科医院では行われないほどの高いレベルの洗浄、消毒・滅菌を行ってます。

歯を削るための器具の内側に付いた体液の洗浄と滅菌や、一般検査器具類の滅菌など、安全安心の消毒滅菌器です。

② 全ての器具を滅菌

当院では治療で使用する全ての器具に滅菌処理を施しております。

器具の使いまわし等は行っておりませんので、ご安心ください。

・「滅菌シート」に入れ、高圧蒸気を使った「オートクレーブ」で滅菌処理
・タービン・ハンドピース(歯を削る機器)は、毎回、専用の滅菌機DAC Universalで洗浄・滅菌
・患者さん毎にチェア、チェア周り、治療中に触れる部分の消毒
・使い捨てグローブ、コップ、ヘッドレストカバー、エプロンの使用
・日本歯科医師会、口腔外科学会等の最新の指針や情報に基づいた対策を当院では積極的に行っております。

コロナ感染予防対策した歯科診療台

みなさまへのお願い

以下のような事項に該当する方は治療及びメインテナンス予約の延期及び予約の延期を検討させて頂く場合がございます。ご了承下さい。

① 37.0℃以上の発熱や咳症状及び倦怠感のある方
② 現在同居する方に発熱や咳などの症状がある、自宅隔離を要請されている方
③ 身内や勤務先などでコロナウイルス陽性患者が出ておられる方
④ 過去14日以内に海外渡航歴のある方
⑤ 過去14日以内に海外から帰国された方との濃厚接触歴がある方
⑥ 過去14日以内に感染者急増している都道府県へ出かけたことがある方
⑦ 過去14日以内に50人以上が屋内で集まる集会やイベントに参加された方
※加えて過去14日以内より嗅覚、味覚異常が出てきた方につきましても感染初期症状の可能性がございます。
来院前にご連絡頂けますと幸いです。