奥歯 ハイブリッド セラミックス インレー 審美症例 東住吉区在住40代 女性

奥歯 ハイブリッド セラミックス インレー 審美症例 東住吉区在住40代 女性

奥歯の銀の詰め物を、ハイブリッド・セラミックスの詰め物へのやり替えた症例です。

大阪市 阿倍野区 西田辺 銀歯
治療前<before> 奥歯に銀色の詰め物(インレー)があります。
大阪市 阿倍野区 西田辺 ハイブリッド セラミック
治療後<after> 天然歯に近い自然なハイブリッド・セラミックスの詰め物(インレー)が装着されました。

この患者様は、以前にむし歯の再発により、すでにもう一つの奥歯を抜歯されていました。

今回は、少しでも長持ちする治療を希望されたので、銀歯ではなくハイブリッド・セラミックでの治療をご提案させてました。

保険治療の銀歯の場合、費用的には安価ですが、金属アレルギーや二次虫歯の危険性があります。

患者様も、白く綺麗で虫歯リスクの少ない材料をご希望でしたので、ハイブリッド・セラミックでの治療となりました。

当院のハイブリッド・セラミック

当院のハイブリッド・セラミックはセレック(CEREC)と呼ばれているCAD/CAMシステムよって製作しております。

そのCAD/CAMブロックにハイブリッドセラミックのドイツ製の商品名がENAMIC(エナミック)というブロック素材から削りだして作っています。

ENAMIC(エナミック)はハイブリッド素材のCAD/CAMブロックで保険外の材料となります。

歯のエナメル質に近い硬さと弾性を合わせ持つ素晴らしい特性があります。

従来のハイブリッド・セラミックのCAD/CAMブロックの中では最高峰の物性を持っています。

歯ぎしり、食いしばりをされる方には最適な素材です。

ENAMIC(エナミック)での治療を希望される方はどうぞご相談ください。

またENAMIC(エナミック)は他のハイブリッド材料に比べ表面滑沢性に優れており、

前歯などの審美領域の治療などでも欧米では大変人気があります。

<価格> ハイブリッドセラミックス : 38000円

<デメリット> 自費治療

<通院回数>
今回の治療期間は、虫歯を取って型どりまでを1日で行い、1週間後にハイブリッドセラミックスインレーを装着したので、合計2回の来院で終了しました。

※虫歯の大きさにより治療回数が多くなることもあります。