奥歯 メタルボンド 審美 症例 60才代 女性 阿倍野区在住

奥歯 メタルボンド 審美 症例 60才代 女性 阿倍野区在住

◆治療後


メタルボンド


メタルボンド

【治療内容について】

今回、被せものの中で、虫歯になっていたため、被せものを1度外し、中の虫歯の除去をし、補強した上で、再度被せものを入れていく治療(被せもののやりかえ)が必要となった歯です。
神経を取っている歯なので、虫歯になっていても痛みはなく、患者様も虫歯になっていたと気づいていませんでした。

被せものを外すと、中の補強部分(土台となる部分)まで、虫歯に浸食されていたため、今回は、土台からのやりかえとなりました。
このような治療になると、新しい被せものが入るまで、3回程度の来院回数が必要です。

新しい被せものを決めていく中で、患者様の希望としては、

・長持ちさせたい。
・せっかく治療するのであれば、きれいな歯にしたい。

という思いが強くありました。

保険の治療では、銀歯かCADCAMという選択になります。
今回治療を行った歯は、右上5番目の歯です。
笑う時のように、唇を「ニッ」開くと良く見える場所ですので、銀歯では、金属の色が目立ってしまいます。また、銀歯の特徴の1つとして、汚れ(プラーク)が表面に残りやすいため、虫歯の再発の可能性が高いです。
金属の色と比べるとCADCAMは目立ちにくいですが、耐久性に欠け、割れたり、外れたりしやすいので、患者様の要望に応えることは難しく、「メタルボンド」を提案しました。

メタルボンドの特徴として、天然の歯に近い色合いを再現できる、汚れ(プラーク)が付きにくく、虫歯の再発のリスクが低い、という点があります。
しかし、金属を内面に使用しているため、金属アレルギーをお持ちの方は、注意が必要ですが、この患者様は金属アレルギーではなかったので、メタルボンドを希望されました。

1本手前は、天然歯。1本後ろは、メタルボンドではない被せもの(ジルコニア)。ということで、色調がそれぞれ異なっており、バランスのとれた色味を選択するのに少し迷いましたが、歯の根元から先端にかけて、自然なグラデージョンをつけ、両方とも馴染むように調整しました。

費用は、86000円です。

審美治療のページはコチラから

この度はホームページをご覧頂きありがとうございます。
当院では、安心してご来院頂けるようお口の状況・治療内容など、詳しくご説明した上で治療を進めていきます。また、小さなお子様の不安を少しでも解消できるよう、アットホームな雰囲気づくりを心がけております。
地域の皆様と笑顔で楽しい毎日、そして何でも食べられる喜びを分かち合えるよう、スタッフ一同しっかりサポートさせて頂きます。
お口に関するお悩みやご質問などございましたら、お気軽にご相談くださいませ。

大阪市 阿倍野区 西田辺 医療法人優伸会 えがしら歯科

院長 江頭伸行