部分矯正やプチ矯正で前歯だけを治したい~インビザラインGO~

大阪市阿倍野区西田辺 歯医者 歯並びの良い女性

大阪市阿倍野区西田辺の歯医者「えがしら歯科」の院長の江頭です。

歯についてのお悩みを抱える人のなかには、

「少しだけ外側に開いてしまっている上の前歯をひっこめたい」

「歯と歯の隙間を埋めたい」

「前歯が少しだけ重なり合っているところがあるのできれいに並べたい」

など、「前歯を少しだけ治したいけれども、大がかりな矯正治療はちょっと……」と、二の足を踏んでいる方も多くいらっしゃると思います。

前歯はとくに、喋る、食べる、笑うなどの際に目立ちますので、できればきれいに整えたいですよね。

奥歯の咬み合わせに問題がない場合は、前歯のみの部分矯正を行うことができます。

全体的な矯正治療を行うより、部分矯正は短期間で低価格なことが特徴です。

前歯のみの矯正治療法

前歯の歯並びの部分矯正の治療法として、下記が挙げられます。

それぞれのメリット・デメリットとともにご紹介します。

ブラケットとワイヤーによる部分矯正

全体的な歯列矯正と同じように、器具を使って治療する方法です。

ほとんどのお悩みを解決することができますが、器具が目立つ、食事やブラッシングがしにくいなど、全体的な矯正治療と同様のデメリットがあります。

ダイレクトボンディング法

歯と歯の間に隙間がある、いわゆる「すきっ歯」の治療に有効です。

歯の表面に、コンポジットレジンと呼ばれる、天然歯と同じ色のものを盛りつけて形を整える方法です。

天然歯を削らずに、すぐに改善できますが、だんだんと変色するので、やり直しが必要になります。また、隙間が大きい場合、歯の形が不自然になることがあります。

ラミネートベニア

これも、すきっ歯の改善に有効な治療法です。

薄いセラミックを貼り付けるため、天然歯の表面を少しだけ削らなければなりませんが、ダイレクトボンディング法より変色に強いのが特徴です。

セラミックの被せ物

すきっ歯の改善だけでなく、歯が重なり合っている場合にも有効な治療法です。

短期間で治療が終わりますが、歯を被せるため天然歯を大きく削らなければならないことや、根っこの部分の向きによっては、不自然な力がかかりやすいなどのデメリットがあります。

マウスピースによる歯列矯正(インビザラインGO)

近年、多くの患者さんに選ばれている、マウスピース型の歯列矯正(マウスピース矯正)ですが、全体的な治療だけでなく、前歯のみに特化した「インビザラインGO」を使用した治療法があります。

治療前に必要な検査や治療の流れ、注意点などはインビザラインと変わりませんが、治療費が安い、治療期間が短いといった利点があります。

インビザラインGOとは

前歯のみの部分的な歯列矯正に特化したマウスピース型の矯正装置で、中心から数えて5本目までの左右10本、上下と合わせると20本の歯が対象です。

インビザラインの治療費用が約100万〜140万円なのに対し、インビザラインGOは約55万〜70万円と、安価です。

また、インビザラインでの治療は1〜2年かかるのに対し、インビザラインGOは部分矯正なので約半年で治療が終了します。

治療を進めるにあたり、歯がどのように動くのか、どのように動かしていくのかを、3D画像で確認できるため、患者さんと歯科医師が「治療後の予想図」を共有することができます。

これは、従来の矯正治療にはなかった、画期的な技術です。

マウスピースは透明なので目立ちにくく、着脱式のため、歯みがきがしやすいなどの利点があります。

金属を使わないため、金属アレルギーのある方にも安心して使用していただけます。

目立たずに短期間で自信をもって笑えるようになる、おすすめの部分矯正やプチ矯正の治療方法です。

当院のインビサラインの関連記事

口腔内3Dスキャナー「iTero」とは

マウスピース矯正 IGO

インプラントで歯列矯正を

不正咬合の種類と治療法と顎の注意点

咬み合わせが悪い状態と原因と治療法