歯科でのセラミック治療について


白い歯の女性

セラミック治療とは、虫歯などで歯を削る治療が必要になった時に、そのなくなった部分(欠損部分)を補う手法の1つを指します。

現在、前歯以外は健康保険の治療では、金属やプラスチック(レジン)での治療となることが多くあり、今回は使用の金属について焦点を当てたいと思います。

日本の歯科医院では一般的に「銀合金」や「金銀パラジウム合金」、「ニッケル」と呼ばれるものが保険診療内で使用されている金属です。

しかし、この金属での治療には耐久性がありますがデメリットが多くあります。

最近メディアでも多く取り上げられているのが「歯科金属アレルギー」です。

健康保険で使われている金属は、高温多湿の口の中では金属が錆びて唾液に溶け出してしまいやすいというデメリットがあり、その溶け出した金属イオンが体のタンパク質と結びついてアレルギー源となってしまいます。

歯科用金属

歯科金属アレルギーを発症するかどうかは人それぞれの許容範囲があり、それを超えるとアレルギーが発症します。
花粉症と同じようなものです。

ですので、現在アレルギーの出ていない人も、長期間金属イオンを取り込み続けていると、将来は金属アレルギーを発症するかもしれません。

予防していくには、「ゴールド(金)」「チタン」などの錆びない金属を使用するか、金属を使用しないセラミックによる治療をおすすめです。
(今回、プラスチック(レジン)による治療は耐久性に問題があるので省きます。)

セラミック治療には歯科金属アレルギーを予防できるだけでなく、様々なメリットがあります。

見た目が白く美しい

金属では、口を開けた時に目立ちますが、セラミックであれば、自分の歯の色に合わせて治療することができるため、目立ちません。

また、現在の歯の色より白くすることも可能なので、セラミック治療で白く美しい歯を手に入れることができます。

歯の色

虫歯の再発のリスクを低くすることができる

セラミックは、綺麗な状態が長持ちちします。

銀歯などは、表面に傷が付きやすく、その部分に汚れが溜まるので、一度治療しても再度虫歯になりやすいですが、セラミックは強度があり傷が付きにくく歯垢やプラーク、着色などの汚れはつかなくなっています。

そのため虫歯の原因となる汚れが付きにくく、長持ちしやすいのです。

歯科で使用されているセラミックには、いくつか種類があり、治療する場所、かみ合わせ、自分の歯の状態によっておすすめのものが違ってきます。

セラミック治療をご希望の方は、お気軽にご相談ください。

歯磨きする女性

この度はホームページをご覧頂きありがとうございます。

歯の豆知識ページでは歯やお口の中歯科治療において、皆様へ何かしらの参考やお役に立てればと思い作成させていただいております。

当院では安心してご来院頂けるように、お口の状況・治療内容など詳しく検査し、歯科カウンセラーがご説明した上で、極力、痛くない治療を進めています。

皆様と笑顔で楽しい毎日、そして何でも食べられる喜びを分かち合えるよう、スタッフ一同しっかりサポートさせて頂きます。

歯やお口に関するお悩みやご質問などございましたら、お気軽にご相談ください。