知覚過敏症とはどういうものか?


1知覚過敏症とはどんなものか?

最近テレビなどのCMでもよく目にする知覚過敏用の歯磨き粉。
では、知覚過敏症とはどんなものなのか?

知覚過敏症とは正式名称、象牙質知覚過敏症といいます。
虫歯、歯周病、歯の破折、咬耗や酸性食品の過剰接取などによって露出した象牙質に刺激が加わると、一時的に痛みや冷、熱痛を生じる疾患です。
形としては、歯頸部(歯茎と歯の境目)や歯根部の削られたような形態をします。歯磨きの横磨きなどの機械的な力などによります。

または、歯周病治療での歯根面の歯石などの感染物質を除去した際にも、一過性に知覚過敏の症状を生じる場合があります。

原因

知覚過敏症の作用については不明な点が多いですが、露出した象牙質に機械的刺激、酸性食品の取りすぎや過度のかみ合わせの力が加わると、象牙細管内の組織液が刺激によって移動し、歯髄、象牙質内の神経終末が興奮することによっておこるという説が有力です。

したがって治療としては、露出した象牙細管を封鎖することで知覚を遮断するという方法がとられています。
その遮断薬は現在いろいろと開発されています。

症状が軽い場合は歯をきれいに磨くことで、自然に治ることもあります。
しかし、歯磨きの際に横磨きなどで過度な力を入れすぎると、歯自体が削れてしまい、歯と歯肉の境目にクサビ状の欠損を生じてしまうので気を付けましょう。

しみるのが強くて歯を磨くのを怠りがちになると、プラークが付着してくるので、歯の脱灰が進み症状をますます悪化することにもなります。

最近の歯磨き粉には知覚の亢進を抑制する、フッ素化合物や乳化アルミニウム化合物などが入っています。
だだし、あまりに知覚が過敏になりすぎて、たとえば熱いものでも痛む場合は、歯の神経をとる場合もあります。

象牙質知覚過敏症といっても、人によって痛みの感じ方が違うので、症状と象牙質の露出状況は必ずしも一致しません。

歯頸部がクサビ状に欠損していても、しみる症状がない人もいれば、欠損もないの にしみる症状のある人もいます。
だだ、クサビ状に欠損してしまった場合は、汚れもたまりやすいので、修復する必要があるのと、歯磨きの力が強いのであれば、注意し歯磨き指導も必要だと思います。
この度はホームページをご覧頂きありがとうございます。
このページでは、歯の豆知識を紹介させて頂いております。お口の中のことで、気になることがございましたら、どうぞ、ご来院の際にお気軽にお声をおかけください。

大阪市 阿倍野区 西田辺 医療法人優伸会 えがしら歯科

スタッフ紹介
予防専用の特別室【スペシャル ケア ルーム】
滅菌へのこだわり
初めての方へ