虫歯は伝染するのか?

母親から子供に虫歯は感染しますか?

母親に虫歯が多いと子供も虫歯になりやすいと言われています。

虫歯の原因には虫歯菌と言われる ストレプトコッカス・ミュータンス菌、ストレプトコッカス・ソブライナス菌、個人の持っている宿主防御機構(虫歯になりやすいなどの免疫機構)と、生活環境から成り立っています。そのため生活を共にする主に母親(保育者)から子供への感染は十分考えられます

親から子供への感染を垂直感染、夫婦、友達同士の感染を水平感染と言います。

虫歯菌は垂直感染ということになり伝染病なのです。

人の口の中には約400種類の細菌が存在しているといわれていま す。その中には善玉、悪玉と言われる細菌kがあり、悪玉が口の中に入り込むと、善玉が口の中の環境を整えようとします。悪玉の一つである虫歯菌は、糖分を食べてプラークを作り、これが出す酸によって歯を溶かし虫歯になります。

虫歯は、初めのころは歯の色が白濁、褐色する程度ですが、進行すると溶けて穴があきます。次第に痛みが出てきて、最終的には神経までおかされてしまう。

虫歯はミュータンス菌などの感染症なのです。

では いつ、どこでミュータンス菌に感染するのでしょうか?

1生まれたばかりの赤ちゃんには口の中には虫歯菌はいません。ミュータンス菌は歯など硬い組織に付着しやすく、乳歯の生え始めるころから感染がはじまります。離乳食が 始まり、母親が自分のスプーンで食べさせることで起こってきます。

要するに、汚れた口の中で子供に食べやすいように噛んだ食べ物を与えると、同時に虫歯菌を与えることになります。

いったん虫歯菌が定着すると、頑固に口の中に住み着いてしまいます。

歯ブラシだけでは取り除くことが困難な場合は、歯科医院での清掃や、フッ素塗布をします。

子供の虫歯予防に、歯磨きの習慣や、甘いお菓子やジュースを控えたりしますが、子供自身だけではなく、母親も自分自身の口の中をきれいに心がけましょう。

母親から子供への食べ物を介してのスキンシップは重要なこと

きれいな口で行うことが望まれます。

この度はホームページをご覧頂きありがとうございます。
このページでは、歯の豆知識を紹介させて頂いております。お口の中のことで、気になることがございましたら、どうぞ、ご来院の際にお気軽にお声をおかけください。

大阪市 阿倍野区 西田辺 医療法人優伸会 えがしら歯科

スタッフ紹介
予防専用の特別室【スペシャル ケア ルーム】
滅菌へのこだわり
初めての方へ