あまり知られていない予防の大切さ

先日、たまたまテレビ朝日の「びっくりぃむ特別編 聞いて納得! 知ってびっくり! アレって何で不便なの? SP」を見ていると、歯科医院の不便についての話が出ていました。

出演者の「どうして歯科医院に何度も通わなければならないのか」という疑問に、現役歯科医師の先生方は、患者様の予後のためというほかに、保険治療では収入が少ないので大人数を見る必要があるのだ、ということを話していました。

「そうなの?歯医者都合でひどくない?」という意見が飛び交う中、元厚生労働省技官の木村もりよさんが喝を入れました。
「保険料は税金でまかなわれています。財源には限りがある。一度に全部治療してほしかったら自費治療でしてください!
今の日本の保険システムはおかしいんです。本来、保険システムとは治すためのものではなく、予防のためのものであるべき。虫歯になったり病気をしてからではなく、予防にお金をかけるべきです!」

現在の日本の保険システムでは、誰もが簡単に費用の一部負担で病院にかかることができます。福祉国家と言われているスウェーデンに住んでいる知人によると、向こうではちょっとした風邪で医者に診てもらうことなどできません。予約もなかなかできないし、怪我をしてもすぐに対応してくれるわけではありません。そうやって福祉システムを守っているのです。

日本でも、近年「予防歯科」の大切さが重視されてきており、全国的にも志高い歯科医院では「虫歯にならないための予防」をメインに行っています。
虫歯になってから治療に通うより、虫歯にならないために予防を行うほうが、最終的な通院回数、費用といった負担も軽く済みますし、虫歯治療の痛みを我慢するというストレスもありません。万が一虫歯になっても、初期の段階で発見することができるので、
虫歯がかなり進行して痛くなってしまってからの治療とは負担が比べ物になりません。患者様の将来のためにも、予防のほうがよっぽど良いのです。

当院でも、みなさんの予防に力を入れるため、この4月に新たに当院3階に予防専用の特別室をオープンする予定です。詳細は別ブログでお伝えします。

みなさんのお口の健康のため、将来の健康のために、これからも努力していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

この度はホームページをご覧頂きありがとうございます。
このページでは、院長のブログを紹介させて頂いております。皆様の歯の健康の維持をお手伝いさせて頂くスタッフです。些細なことでも結構です。どうぞ、ご来院の際にはお気軽にお声をおかけください。

大阪市 阿倍野区 西田辺 医療法人優伸会 えがしら歯科

院長ブログ 一覧
スタッフブログ 一覧
院長紹介
予防専用の特別室【スペシャル ケア ルーム】
初めての方へ