キシリトール と むし歯予防


1キシリトールがむし歯予防に有効だということを、ご存じの方は多いかと思います。
なぜ、キシリトールが歯に良いのかを、今回ご説明したいと思います。

キシリトールは砂糖の代替品で、多くの果実や野菜の中に天然で含まれる自然由来の甘味料です。

私たちがガムやタブレットで口にするキシリトールは、トウモロコシや白樺などの木からとれる「キシランヘミセルロース」を原料に作られ、日本では1997年4月に食品添加物として認可されました。

メリットとしては、

1. 低カロリー…キシリトールは砂糖に含まれるスクロースと同じ甘さに対して、6割ほどしかカロリーがありません。キシリトールは甘みの割に低カロリーなので、肥満予防によい健康的な甘味料です。

2. むし歯の原因にならない…キシリトールは口の中で「酸」をまったく作りません。さらに酸の中和を促進する働きも持っています。唾液も出やすくなるなど、口中をむし歯になりにくい状態に保ってくれます。

3. むし歯の発生、進行を防ぐ…歯の表面にプラークなどの汚れをつきにくくし、歯の再石灰化をうながします。むし歯菌の活動を弱める働きを持っており、他の甘味料にはみられないキシリトールだけの効果です。

4.糖尿病…キシリトールの甘みは血糖値の上昇やインスリンの上昇を引き起こしにくいので、糖尿病の人にも安心で糖尿病になりにくい。

デメリットは、
1. 砂糖に比べると高価

2. 食べ過ぎると下痢に…キシリトールは、弱いながら下剤としての働きを示すので、一定量以上食べてはいけません。

キシリトールの虫歯予防効果は、キシリトールの配合率がかなり高くないと発揮されません。

市販のガムの中にはキシリトール100%でないものも多く、他の代用甘味料が併用されている物も多いので、個人的には歯科医院などで販売されているキシリトール100%のものをお勧めいたします。

キシリトール入りチョコのお話はこちらから。

最後に、
「キシリトール入りのガムを食べていればむし歯にならない」とお考えの方もいらっしゃいますが、それだけでむし歯を防げるわけではありません。

キシリトールは、プラークを剥がれやすくし、ブラッシングの効果を上げたり、フッ素と一緒になって、より歯を硬くするなど、普段のむし歯予防に加える事で大きな効果を発揮します。

歯をむし歯から守るためには、正しく歯を磨いたり、フッ素が配合されたはみがき粉を使ったりするなどの毎日の歯のケアが大切なことをお忘れなく。

この度はホームページをご覧頂きありがとうございます。このページでは私の歯科知識をみなさまのお役立てればと思い書いております。

当院では、安心してご来院頂けるようお口の状況・治療内容など、詳しくご説明した上で治療を進めていきます。また、小さなお子様の不安を少しでも解消できるよう、アットホームな雰囲気づくりを心がけております。
地域の皆様と笑顔で楽しい毎日、そして何でも食べられる喜びを分かち合えるよう、スタッフ一同しっかりサポートさせて頂きます。
お口に関するお悩みやご質問などございましたら、お気軽にご相談ください。

大阪市 阿倍野区 西田辺 医療法人優伸会 えがしら歯科

院長 江頭伸行