スタッフでインプラント勉強会を行いました


こんにちは。
阿倍野区西田辺えがしら歯科
診療アシスタント 出口です。

今回、診療後にインプラント埋入手術(オペ)の介助(アシスト)につくことが多いスタッフを中心に勉強会を行いました。

当院で手術し埋入しているインプラントはアメリカのジンマー社製(ZIMMER)でスクリューベント、スプラインというインプラントを使っております。

ジンマー社のインプラントは世界4大インプラントメーカーの一つで、輸入代理店をしている株式会社白鵬の小林さんに勉強会を開いて頂きました。


j

手術時に介助者(アシスタント)で重要なのは、術者(Dr.)がストレスなく手術に集中できるよう、必要な器具や環境を整え、治療をサポートすることです。

今どのような治療をしているのか、こちらがどうすればDr.が治療しやすいのか常に考えて、先回りして察知しなければなりません。

そのため、すべての流れをしっかりと把握することが基本となります。

そこで今回は、どうすればDr.が治療しやすいのかを感じとれるようになるために、模型を使って実際のオペと同様、切開(歯茎を切る)から埋入(骨を削ってインプラントを埋め込む)、そして縫合(歯茎を縫い合わせる)までの一通りの流れを体験しました。

何年も歯科助手としてアシスタントについていますが、このような体験は初めてで、とても面白かったです。

い

実際に自分が体験することで、「この時にここを持ってくれたら楽だ。」「こういう声かけがあると助かる。」というような、今までなかなか気が付かなかったことが気づけるようになりました。

埋め込むインプラントには様々な種類があり、今取り扱っているものだけでも非常に数が多いのですが、その中から患者様のお口の中の状態によってDr.が最適なものを選びます。

今回は、様々なインプラントの種類についても教えてもらいました。
物によって、それぞれ性質や特徴が違います。

Dr.がなぜこのタイプのインプラントを選んだか理解できると、患者様の今の状態、使う器具の準備、アシストのコツなどが事前にある程度分かります。逆を言うと、レントゲンやCTで患者様の状態を把握できると、必要なインプラントを検討することができます。

い

このように、アシスタントが様々な知識を得ることで、Dr.のストレスの軽減にもつながり、その結果よりスムーズな治療ができ、患者様の負担も軽減することができます。

医療はどんどん進歩します。

当院でも世界水準で安全で痛くない治療を患者様に提供できますように、これからも知識や技術の習得に励みたいと思っております。

この度はホームページをご覧頂きありがとうございます。
このページでは、当院スタッフのブログを紹介させて頂いております。皆様の歯の健康の維持をお手伝いさせて頂くスタッフです。些細なことでも結構です。どうぞ、ご来院の際にはお気軽にお声をおかけください。

大阪市 阿倍野区 西田辺 医療法人優伸会 えがしら歯科 西田辺インプラントセンター併設

スタッフ紹介
滅菌へのこだわり
初めての方へ