当院で採用している、ストローマン社のインプラントシステム「BLTインプラント」について

大阪市 阿倍野区 西田辺えがしら歯科

歯科医師 院長 江頭伸行

大阪市阿倍野区西田辺 インプラント

世界中で100種類以上あり、日本国内では30種類以上が使用されているといわれている歯科インプラント・システムの種類。

当院では、日本国内はもちろん、世界的にも多く使用されており、また歴史のとても古い、ストローマン社の歯科インプラント・システムを採用しています。

ここでは、そのなかでも当院がおすすめしている「BLTインプラント」についてご説明いたします。

BLTインプラントって?

BLTとは、ボーンレベルテーパード(Bone Level Tapered)のことで、審美性と、長期的な安定を兼ね備えた新しいインプラントシステムです。

特徴として、以下が挙げられます。

独自の形状で埋入しやすい

インプラント体(あごの骨に打ち込むネジ状のもの)が、円柱形ではなく、実際の歯根と似た、先端にかけて細くなっていく形状となっています。このため、あごの骨にしっかりと食い込みやすくなっています。

また、ネジの切り込みが従来のものより細かいため、骨への固定がしやすくなっています。

このことにより、抜歯して間もないところへの埋入でも、短期間で優れた安定性を発揮するのが特徴です。

特殊な加工であごの骨に定着しやすい

インプラント体の表面に特殊な加工がされており、表面が粗くなっています。そのため、インプラント体と骨が短期間で結合します。

時間が短縮されることにより、手術後、自分の歯できちんと噛めるようになるまでの期間も早くなります。

短期間で結合しやすくなるだけでなく、しっかり固定されることにより、長期間の安定も望めます。

適応箇所が幅広い

BLTインプラントは、天然歯の歯根と似た形状をしているため、骨が薄い部分や、軟らかい部分、前歯などの審美性を求められる部分にも埋入しやすいのが特徴です。

また、骨移植が必要なケースでも対応が可能です。

これまで、あごの骨の状態などでインプラント治療を諦めなければならなかった方にも適応できるケースが増えたことは、患者さまにとってもメリットが多いインプラントだと思います。

世界トップシェアのインプラントで安心・安全の歯科治療を

前述のとおり、ストローマン社は、世界トップシェアを誇るインプラントメーカーであり、歴史が古いのが特徴です。

ストローマン社のインプラントを使った長期間の経過を追った論文も数多く発表されています。

このことは、安心・安全な歯科治療の選択基準になると思っています。

インプラント治療は外科手術を伴うため、心配される方も多いと思います。

当院では、しっかりとカウンセリングをしてから治療しております。

ご不明点やお悩みごとなどございましたら、小さなことでも構いませんのでご相談ください。

大阪市 阿倍野区 西田辺えがしら歯科

歯科医師 院長 江頭伸行