阿倍野区 西田辺えがしら歯科 CT

MRI検査時、歯のインプラント治療は大丈夫?

阿倍野区 西田辺えがしら歯科

歯科医師 院長 江頭伸行

阿倍野区 西田辺えがしら歯科 CT

MRI検査を受けたことがある方ならよくご存知かと思いますが、検査室の中に金属を持ち込むことは禁止されています。

そのため、金属製の腕時計やネックレス、ヘアピンなどは事前に必ず取り外すことになります。

撮影時の事前の説明用紙になどの指示や看護師やレントゲン技師に「入れ歯(義歯)は外してください。」そのようなことを言われ、と不安になることがあります。

そこで気になるのがチタン製のネジを顎の骨に埋め込むインプラントですよね。

歯科のインプラント治療に使用されるインプラント体の素材であるチタンは金属の一種です。

もしインプラント治療をするとそもそもMRIが受けられなくなるのでは?と不安に感じている方もいらっしゃるかもしれませんね。

今回はそんなMRI検査時のデンタルインプラントの安全性についてわかりやすく解説します。

ちなみにMRIと混同しがちなものCT撮影がありますが、CT撮影は何の問題もありません。

歯のインプラントはMRI検査を受けられる

結論からいうと、歯のインプラントを装着しても、MRI検査は安全に受けられます。実際、当院でインプラント治療を受けて、チタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込んだ患者さまもMRI検査を問題なく受けています。

その理由は次の通りです。

◎チタンは「非磁性体」

チタンが金属の一種であることに間違いはありませんが、MRI検査で問題となるのは磁性(じせい)を帯びる金属です。簡単にいうと、MRI装置によって作られた磁場に引き寄せられる性質で、多くの金属がこれに該当します。

そのため、アクセサリーなどをつけたままMRI検査を受けると、ものすごい勢いで装置に引き寄せられます。インプラントの人工歯根を構成するチタンは「非磁性体」であるので、その心配はありません。

◎人工歯根は顎の骨に埋まっている

MRI検査においてインプラントが安全な理由としては、“人工歯根が顎の骨にしっかり埋まっている”点も忘れてはいけません。

仮に顎の骨の中の人工歯根が問題となるのであれば、銀歯もMRI検査の際に取り外さなければならなくなりますよね。

インプラント義歯は要注意

ひと言でインプラントといっても、歯の欠損状態によって治療法も大きく変わります。例えば、多くの歯を失った症例で「インプラント義歯」という入れ歯のような形の上部構造を使用する場合がありますが、その際、維持装置として「磁性アタッチメント」を採用しているケースではMRI検査で注意が必要です。

まず、上部構造は着脱式なので、検査前には必ず外さなければなりません。また、口腔内には取り外し不可能な磁性体が残ることになるため、撮影した画像に乱れが生じる可能性があります。

もちろん、それはあくまで可能性であって、そうしたインプラント義歯を装着していても何ら問題が起こらない場合もあり、ケースバイケースとしかいえません。

発熱は大丈夫?

MRI検査で金属製品を身に着けていると、発熱して皮膚に火傷を負うリスクがあります。これもまた検査前に金属製品を取り外す理由のひとつなのですが、インプラントに関しても顎の骨の中で発熱しないか心配ですよね。

その点もご安心ください。顎の骨の中に埋まっている人工歯根が発熱するのなら、金属製の詰め物・被せ物にも同様の現象が認められるはずです。それにもかかわらず、過去に銀歯で火傷をしたケースは存在していないので、インプラントもそのリスクは限りなくゼロに近いです。

まとめ

このように、インプラントは入れ歯とは異なり、金属製のパーツを体の中に埋め込む治療法なので、MRI検査におけるトラブルを懸念されがちです。とくに定期的なMRI検査を受けている人は、何よりも心配となるポイントといえます。

今回解説したように、インプラントを顎の骨に埋入したらかといって、MRI検査が受けられなくなるということはありません。また、検査中に火傷を負うようなリスクも皆無に等しいのでご安心ください。それでも不安な方は当院までお気軽にご相談ください。より詳しくご説明します。

大阪市 阿倍野区 西田辺えがしら歯科

歯科医師 院長 江頭伸行