TVでホームホワイトニングが紹介されていました。

昨日TV番組の「寝ながら健康になろうプロジェクト」という特集で、寝ている間に行うホームホワイトニングが紹介されていました。

スリムクラブの真栄田さんという男性芸人が、結婚式の前に歯を白くしようと、ホワイトニングに挑戦するというものだったのですが、この芸人さんはとても歯の黄ばみを気にされて、TV番組でも笑う時には手で口を隠すほどだったようです。
女性だけでなく、男性もやはり歯の色がコンプレックスになりますよね。当院でも、最近はホワイトニングを希望される男性が増えてきています。

人気の芸人さんなので毎日忙しく、ホワイトニングに時間をかけることができない、ということで、ソフトタイプのマウスピースの中にホワイトニング剤を入れて上下の歯に装着し、そのまま寝る、というホームホワイトニングを行っていました。
このマウスピースは、矯正や歯軋りの予防などで使うタイプとは違い、かなり柔らかいので、寝ていてもほとんど違和感がなく、かなり着用しやすいものです。また、時間をかけて徐々に白さを出していくため、いかにも「白くしました!」というような不自然な白さではなく、汚れのない、透明感のある自然な白さを出せることが特徴です。

実際に真栄田さんも、毎日苦痛なく行い、結婚式までには黄ばんでいた歯が「一般的な歯の色」になっており、結婚式後も積極的に続けていました。
白くなったことがかなり嬉しかったようで、周りの芸人さんからも、「笑顔が増えた!」と驚きの声が上がっていました。男性も女性も、やはり魅力的なのは素敵な笑顔なのでしょう。

ただ、ホワイトニングを行うにも、注意点があります。
まず、虫歯のある方は、ホワイトニング剤により虫歯が悪化することがあるので、まず虫歯治療をすることが先決です。
知覚過敏の方などは、液がしみる場合があり、かなり不快なものになってしまいます。

また、特に今の乾燥した季節には、ただでさえ寝ている間に口の中や喉がカラカラになってしまう方も多いと思いますが、ホワイトニング剤は多少なりとも喉に落ちてきてしまうので、咳やイガイガ感など不快に感じられる方もおられます。
そういう場合、例えば夕食の後、寝るまでの3時間ほどの間に装着するだけでも、大きな効果があるので、お勧めです。

ホワイトニング前には、もちろん歯磨きをすること、また取り外した後1時間くらいはコーヒーやタバコなど、色の付着の原因となるものは避けたほうが良いとされています。
もちろん、普段の生活でも、そういたものを避けるほうが、黄ばみの進行も遅くなりますので、そういった生活習慣の見直しも大切になります。

当院では、自宅で行うホームホワイトニングと、全行程を歯科医院で行うレーザーホワイトニングとを併用したデュアルホワイトニングをお勧めしています。ホームホワイトニングの利点であるホワイトニング効果の持続性と、レーザーホワイトニングの利点であるホワイトニング効果の即効性を生かした最も効果的な方法です。
もちろん、忙しくてホームホワイトニングのみを希望される方も、お気軽にご相談下さい。あなたに合った最も効果の出やすい方法をご提案させていただきます。

たかが歯の色と言えども、白くすることで笑顔が増えると、気分や性格も明るくなり、毎日の生活が楽しくなるでしょう。また、歯に対する意識が高まることで、生活習慣が変わったり、身体全体の健康も増進したりしていくため、あなたの生活を見直す絶好のタイミングになるかもしれません。

歯と全身の健康については、院長ブログにもいくつか記事を載せていますので、一度ご覧下さい。
歯科医院でアンチエイジング
歯周病が及ぼす全身への影響
歯周病が及ぼす全身への影響 その2
歯の健康とがん予防

院長 江頭伸行