虫歯にならないチョコレート

昨日はバレンタインデー。女性からチョコレートを頂いた男性は多いのではないでしょうか?

えがしら歯科でも、バレンタイン企画として、来院患者様にチョコレートをお配りしました。

チョコレートがむし歯の原因となることは皆さんもご存知だと思います。
「歯科医院で虫歯の原因のチョコレートを配るとは!?」

と思われるかもしれませんが、実は当医院がお配りしたのは、「虫歯にならないチョコレート」。

普通のチョコレートとどこが違うかというと、チョコレートの中の甘味料。虫歯の原因である砂糖の代わりに、キシリトールのみで甘みをつけたチョコレートがあるんです。

むし歯の原因はチョコレートの中の砂糖であって、カカオなど他の成分は虫歯の原因にはなりません。

そこで、キシリトールについて、少しお話したいと思います。

砂糖とキシリトールの大きな違いは、甘さは砂糖と同じなのに、酸を作らないので虫歯にならない点です。
キシリトールは、イチゴやプラムにもほんの少し含まれています。
人工甘味料としてのキシリトールは、主に白樺や樫を原料にして作られていて安全なものです。毒性はありません。

お口に入ったキシリトールは、ほとんどが小腸で吸収されますが、一部大腸で発酵するので、大量に食べ過ぎると一時的におなかがゆるくなることがあります。

以前のブログ(キシリトールの良し悪し)でも紹介したように、砂糖の代わりに、キシリトール入りの物を食べることで、虫歯の発生を“少なくする”ことは事実で、とても有効です。

これから、もっとキシリトール入りの食品は増えていくと思いますので、有効に活用しましょう。

しかし、虫歯予防の基本は、きちんとした歯磨き習慣と食生活であることはお忘れなく!

砂糖がたくさんのお菓子よりも、キシリトール入りの食品を選ぶ方が虫歯リスクは低くなりますが、

あくまで「予防のための補助的なもの」と捉え、まずは今の食生活の見直しをしてみませんか?

大阪市阿倍野区西田辺 えがしら歯科
院長 江頭伸行