大阪市阿倍野区西田辺 歯医者 インプラント

当院が入れ歯よりインプラントを勧める理由

大阪市 阿倍野区 西田辺えがしら歯科

歯科医師 院長 江頭伸行

大阪市 阿倍野区 西田辺 歯医者 インプラント

歯を失ってしまった場合、入れ歯インプラントでその失ってしまった部分を補う必要があります。
そのまま放置してはいけない理由にはさまざまなものがあります。

・歯がない部分に食べ物が挟まるなど、食事がしにくくなる

・周囲の歯がむし歯になりやすくなったり、食べかすが残りやすくなるため、口臭がキツくなることがある

・息が抜けたような発音になってしまう(発音が悪くなる)

・審美性が損なわれる

・かみ合わせが悪くなることで、残っている他の歯に影響が出てしまう

・顎関節症になる

放置すればするほどお口の中の状態は悪くなってしまいますので、早めに歯科医院に相談することをお勧めいたします。

大阪市 阿倍野区 西田辺 インプラント2大阪市 阿倍野区 西田辺 インプラント3

入れ歯とインプラントの違いって?

入れ歯は大きく分けて2種類あり、歯をすべて失ってしまった方のための「総入れ歯(フルデンチャー)」と一部のみ失ってしまった方のための「部分入れ歯(パーシャルデンチャー)」があります。

ここでは、一部の歯を失ってしまった方への治療方法として、部分入れ歯とインプラントについてご説明いたします。

部分入れ歯とは?

大阪市 阿倍野区 西田辺 入れ歯

歯茎に似たピンク色の床(しょう)と呼ばれる部分に人工の歯をセットし、留め具を使ってお口の中に固定する器具のことです。
メリットには、取り外しが可能なため、清掃がしやすいことや、手術の必要がなく、短期間での作成が可能なことなどが挙げられます。

デメリットには、食べかすが挟まりやすいことや、硬いものを噛みづらいこと、位置によっては留め具が目立ってしまうこと、喋りにくいことが挙げられます。

インプラントとは?

大阪市 阿倍野区 西田辺 インプラント

チタン性の人工の歯根を、あごの骨に埋め込み、その上に人工の歯をかぶせることで、まるで自分の歯で噛んでいるような感覚を取り戻せます。

メリットには、しっかり噛めるようになること、見た目が美しいこと、残っている他の歯への負担が少ないこと、違和感なくおしゃべりできるようになること、などが挙げられます。

デメリットには、手術が必要で、治療期間が長くなること、保険適用外のため、治療費が高額なこと、定期的なメインテナンスが必要なこと、などが挙げられます。

インプラントがお勧めの理由は?

上記のとおり、部分入れ歯の場合、保険適用の範囲で安く治療することが可能で、治療期間も短くてすみますが、金属製の留め具をひっかけるための歯を削らなければならなかったり、きちんとお手入れがされず、残っている他の歯を悪くしてしまう危険性があります。

そうすると、何度も作り直さなければならず、結果的に時間もお金もたくさん使ってしまう場ありがあります。
入れ歯は自分の歯のように、しっかりと噛むことはできません。

違和感も重なって小さな入れ歯の場合は、装着されない方が多くいらっしゃいます。

インプラントの場合、時間も費用もかかりますが、きちんと数カ月に1回、状態を見せに来院していただければ、部分入れ歯より長く、よい状態のお口を保つことができます。

噛むという面でもインプラントはしっかりと歯茎に固定されていて動かないので、自分の歯と同じような感じでものをしっかりと噛むことができます。

そのため、長い目で見て、部分入れ歯よりインプラントのほうが良いと感じているため、インプラント治療をお勧めしています。

治療期間や費用のことで不安な点も多いと思いますが、当院ではしっかりとカウンセリングをし、ご納得いただいたうえで治療をしております。
どんな些細なことでもかまいません。一度ご相談ください。

大阪市 阿倍野区 西田辺えがしら歯科

歯科医師 院長 江頭伸行