大阪市阿倍野区西田辺 奥歯 インプラント

奥歯をインプラントにした方が良い理由

大阪市阿倍野区西田辺えがしら歯科

歯科医師 院長 江頭伸行

大阪市阿倍野区西田辺 奥歯 インプラント

歯を失ってしまった場合の治療方法として

「インプラント 」

「ブリッジ」

「入れ歯」

が考えられます。

それぞれのメリット・デメリットは、失ってしまった場所によっても変わってきます。

ここでは「奥歯を失ってしまった場合、インプラント治療を選択した方が良い理由」をご説明いたします。

食べ物をしっかり噛めるようになる

奥歯には、前歯で噛み切った食べ物をすりつぶし、塊を作って飲み込みやすい形状にする、という役割があります。

しかし、食べ物を噛むとき、奥歯には大変、大きな負担がかかります。

インプラントは、あごの骨にチタン製の金属を埋め込みますので、もとの歯があったころと変わらず噛めるようになります。

入れ歯やブリッジに比べて違和感が少ない

入れ歯の場合、金属製のフックをひっかける場所や大きさが気になり、つねにお口の中を気にされる方も少なくありません。

わずかな浮き上がりやズレ、痛みなどが出る場合があります。

ブリッジの場合、隣り合う歯を少し削る必要があり、もとの歯とのわずかな違いに違和感を覚える方もいらっしゃいます。

インプラントは、失ってしまった部分のみを回復させる方法で、もとの歯のように噛むことができ、浮き上がったり、痛みを感じることもありません。

発音しやすくなる

歯を失ってしまうと、たとえそれが1本でも、そこから息が漏れ、うまく発音できないことがあります。

この部分を入れ歯で治療した場合、おしゃべりの途中で浮き上がってきたり、ズレてしまったりすると、気になって会話が楽しめなくなってしまいます。

インプラント治療を選択した場合、浮き上がりやズレを気にすることなく、ご自分の歯のように会話を楽しむことができます。

しっかり噛み合うことで、体のバランスが良くなる

奥歯を失ったままでいると、食事の際に、無意識のうちに「歯があるほう」で噛んでしまうことが多くあります。

そうすると、顔やあごのズレだけでなく、体全体のバランスが崩れ、頭痛や肩こりの原因となってしまうことがあります。

しっかり噛むことができるインプラント治療を選択し、上下が噛み合うように調整することで、体全体のバランスが整い、さまざまな不定愁訴から解放される患者さんも多くいらっしゃいます。

大阪市阿倍野区西田辺 インプラント2

見た目が美しく整う

「奥歯だから見えないのでは」と思い、歯を失ったまま放置する方がいらっしゃいますが、奥歯であっても、会話やカラオケなどでお口を大きく開けたときに、意外と見えてしまうものです。

インプラント治療では、天然歯に近い色の人工歯をかぶせますので、違和感なく、元の状態に回復することができます。

おわりに

このように、奥歯にインプラント治療をするメリットはさまざまなものがあります。

ただし、インプラントは「入れて終わり」ではありません。

どの場所であっても、天然歯同様に、きちんとお手入れすることが大切です。

せっかく入れたインプラントを守るためにも、定期的な通院をお願いしています。

大阪市阿倍野区西田辺えがしら歯科

歯科医師 院長 江頭伸行

当院が入れ歯よりインプラントを勧める理由

インプラントとブリッジの費用対効果

インプラントの種類