大阪市阿倍野区西田辺 ジルコニア

歯科で使うジルコニアとは

大阪市阿倍野区西田辺えがしら歯科

歯科医師 院長 江頭伸行

大阪市阿倍野区西田辺 ジルコニア

皆さんは「ジルコニア」と聞くと、どんなものを思い浮かべますか?

女性の場合ですと、「キュービックジルコニア」という、ダイヤモンドの代わりとして宝飾品に使われる人工石を思い浮かべる人も多いかもしれません。

「ジルコニア」とは、ジルコニウムを酸化させ、安定化させたもののことで、宝飾品としてのものと、歯科で使われるものはほぼ同じ成分でできています。

歯科医院で詰め物や被せ物に使う「白い歯」といったら「セラミックス」が有名ですが、実は、ジルコニアもセラミックの一種なのです。

ジルコニアの特徴

透明感や色に関しては、シリカ系セラミックスに劣る面もありますが、硬さがあり、変形や変質をしないため、割れる心配がほとんどありません。

硬く割れにくいという特徴を活かし、ブリッジ治療に適しています。

また、表面はなめらかでツヤがあるため、プラークがつきにくいという特徴があります。

シリカ系セラミックス同様、金属アレルギーの心配はありません。

ジルコニアの歯の作成法

当院ではセレック(CEREC)システムにより、ジルコニアの歯を院内で作成しています。

阿倍野区西田辺の歯医者 セレック治療

ジルコニアという素材は、とても硬く、歯の2~3倍も硬い素材で、形を整える作業がとても困難でした。

そこで考え出されたのが、柔らかい状態で形を加工する技術です。

以下は、セレック(CEREC)システムでの作業工程です。

大阪市阿倍野区西田辺 ジルコニア
①焼成前のジルコニア・ブロック。 当院ではノリタケ製の高透光性マルチレイヤード・ジルコニア「カタナ ジルコニア」STMLのジルコニアのブロックを主に使用しています。

ジルコニウムの粉末をチョーク状に固めたの状態のブロックをセレックにより歯の形に削り出した後に、焼成と呼ばれる高温の電気炉で焼き固める作業を行い作っていきます。

大阪市阿倍野区西田辺 ジルコニア2
②セレック・システムにより、デザインされ、削り出されたジルコニアのブロック
大阪市阿倍野区西田辺 ジルコニア3
③ブロックから外した焼成前のジルコニアの歯
大阪市阿倍野区西田辺 ジルコニアの焼成
④シンタリング・ハーネスという高温の電気炉に入れて加熱します。
大阪市阿倍野区西田辺 ジルコニア 焼成
⑤約1500℃の電気炉の中で15分ほど焼成し固めます。
大阪市阿倍野区西田辺 ジルコニア6
⑥焼成されたジルコニアの歯
大阪市阿倍野区西田辺 ジルコニア4
⑦グレーズ(艶出し)材を塗布し、再度、約800℃の炉で焼いてジルコニアの歯の完成です。

セラミックスとジルコニアってどう違うの?

「セラミックス」と「ジルコニア」の違いについてご説明いたします。

前述しましたとおり、セラミックスもジルコニアも、どちらも「セラミックス」の一種です。

陶磁器やガラスなども、セラミックスの一種で、無機質を焼き固めたもののことをいいます。

「酸化ケイ素(シリカ)」が主成分のものを「シリカ系」といいます。

従来型のセラミックスのことで、陶器などがこれに当てはまります。

一方、アルミニウムやジルコニウムが主成分の「酸化金属系」をジルコニウムといい、磁器などがこれに当たります。磁器の主成分は、酸化アルミニウムです。

シリカ系セラミックスの特徴

本物の歯と見分けがつかない色を出すことができ、透明感があり、美しい仕上がりです。

硬さがあるため変形することはありませんが、歯ぎしりやくいしばりのある患者さんの場合、割れてしまうことがあります。

金属ではないので、アレルギーの心配はありません。

ジルコニア治療のメリット

①強度が高い

人工ダイヤモンドとして宝飾品に使われているものとほぼ同じ素材ですので、とても硬く、割れたり欠けたりする心配がありません。

また、熱い物や冷たいものなどの温度変化にも強い素材です。

ブリッジや被せ物、インプラントの上にかぶせる歯として適しています。

②審美性が高い

白い素材で、変色をしません。

コーヒーやカレー、ワインなど、色の濃い飲食物に影響されることがありません。

歯ぐきの変色の心配もありません。

③接着性が高い

他の素材と違い、すぐに外れてしまう心配がないため、いったん仮止めをし、しばらくお口の中で様子を見ることができます。

④アレルギーの心配がない

金属を使用しませんので、アレルギーをおもちの方でも安心して使用いただけます。

まとめ

強度が高く、審美性にすぐれたジルコニアは、食事や会話の際にも気になることがなく、自信をもって笑うことができる素材です。

金属の被せ物が気になっている方や、治療の際にどの素材にするか悩んでいる方は、ぜひ一度ご相談ください。

大阪市阿倍野区西田辺えがしら歯科

歯科医師 院長 江頭伸行

関連記事

セレック治療(CEREC)

歯科でのセラミック治療について

前歯にセラミック治療をした方がよい理由