大阪市 阿倍野区 西田辺 歯医者

歯科インプラントの治療を受けられない理由とは?

大阪市 阿倍野区 西田辺えがしら歯科

歯科医師 院長 江頭伸行

大阪市 阿倍野区 西田辺 歯医者

失った歯を補う歯科のインプラントの治療は、基本的にどなたでも受けることができる治療です。

ブリッジや入れ歯のような従来法では得られない、たくさんのメリットがあるため、インプラントを希望される患者様も年々増えております。

ただ、お口やお身体の状態によってはインプラント治療が受けられないこともありますのでご注意ください。

今回はそんな歯科インプラントの治療が受けられない理由をわかりやすく解説します。

お口の中に問題がある場合

お口の中に何らかの問題を抱えている場合は、インプラント治療を受けられないことがあります。

いずれも根本的な問題を改善することで、インプラント治療が可能となります。

  1. 進行した歯周病にかかっている

歯周病は、進行すると歯茎や顎の骨を破壊します。

それら歯周組織がボロボロの状態では、チタン製の人工歯根を埋め込むことができません。

仮に埋め込めたとしても定着させることは難しいため、歯周病治療でインプラントに適した状態へと回復させる必要があります。

  1. 歯ぎしりが習慣化している

歯ぎしり・食いしばりといったブラキシズムは、歯や顎の骨・関節に多大な悪影響をもたらすため、事前に改善した方が望ましいです。

歯ぎしりの症状は「ナイトガード」と呼ばれるマウスピース型装置で緩和できます。

  1. 顎の骨の形が悪い

加齢や歯周病などによって、顎の骨が痩せてしまっている場合は、安全な形で人工歯根を埋入できないことがあります。

そうしたケースでは、顎の骨を再生・増生する「骨造成術」を行うことでインプラント治療が可能となります。

その他、インプラントの埋入角度や位置を工夫することで、手術を安全に実施できることもあります。

全身の健康に問題がある場合

  1. 重度の高血圧症

血圧が極端に高く、お薬でのコントロールが難しいようなケースでは、インプラント治療を行うことができません。

手術の際の全身管理が困難となるため、外科手術を伴わない治療法をご提案することが多いです。

  1. 重度の糖尿病

重度の糖尿病を患っていると、外科処置の予後が良くありません。

まずは、内科での治療で血糖値を許容範囲にコントロールできるようにしましょう。

病状が安定したら、インプラント治療が可能となることも珍しくありません。

  1. 重度の骨粗しょう症

インプラント治療では、顎の骨の状態が何より重要となります。

骨粗しょう症を患っていると、顎の骨がもろくなっているため、インプラントの埋入に適さないことが多いです。

とくにビスフォスフォネート製剤(BP製剤)や抗RANKLモノクローナル抗体製剤(デノスマブ)による薬物療法を受けている場合は、その他の治療法をご提案しております。

原則として適応外となるケース

  1. 発育期の子供

顎の骨が発育途上にあるお子様には、原則としてインプラント治療を適応することができません。

成長が残っている年齢でインプラントを埋入しても、良好な結果を得ることができないからです。

場合によっては、インプラントが歯や顎の骨の発育を妨げることがあります。

日本口腔インプラント学会のガイドラインでは基本的には20歳以上とされています。

  1. 妊娠中の女性

妊娠中に、インプラントのような外科手術を実施することは推奨できません。

人工歯根の埋入手術自体は、それほど大掛かりなものではありませんが、外科手術が母子に対してどのような悪影響を及ぼすかは予測できない部分も多いです。

また、術後の痛み止めや抗生剤も問題です。

インプラント治療を希望されるのであれば、出産後、心身共に安定してからにしましょう。

まとめ

このように、歯科のインプラントはいくつかのケースで治療が受けられないことがあります。

成長期のお子様や妊娠中の女性は原則としてインプラントが適応外となる点にご注意ください。

その他の場合は、それぞれが抱えている問題を改善することでインプラント治療が可能となることが多いので、まずはお気軽当院までご相談ください。

西田辺えがしら歯科なら、インプラント治療の実績も豊富ですし、他院でインプラントは難しいと診断された場合でも治療が可能になるかもしれません。

大阪市 阿倍野区 西田辺えがしら歯科

歯科医師 院長 江頭伸行

治療を受けた歯科インプラントの種類を知っておくべき理由