大阪市 阿倍野区 西田辺えがしら歯科 インプラント

歯科インプラントの手入れについて

大阪市 阿倍野区 西田辺えがしら歯科

歯科医師 院長 江頭伸行

大阪市 阿倍野区 西田辺えがしら歯科 インプラント

歯科のインプラントは、失った歯の歯根から歯冠までを回復させることができる治療法で、見た目も噛み心地も天然歯に限りなく近いです。

その他の装置よりも寿命が長く、健康な状態を保ちやすいのですが、あくまで人工物であることを忘れてはいけません。

天然歯と同じようにお手入れしていると「インプラント周囲炎」と呼ばれるような歯周病のような歯茎の炎症をおこしてしまうことも珍しくないからです。

そこで今回は、歯科インプラントの正しいお手入れ方法をわかりやすく解説します。

セルフケアのポイント

基本は歯ブラシによるブラッシング

インプラントのケアも基本は歯ブラシによるブラッシングとなります。歯ブラシは鉛筆を持つ際の「ペングリップ」で、ストロークは短い方が良いです。

細かく振動させるように磨くことで、装置を傷つけるようなことがなくなります。歯ブラシの毛先は、歯茎との境目に45度の角度をつけて挿入してください。

インプラントで最も汚れが溜まりやすい場所なので、丁寧かつ念入りに磨くようにしましょう。

補助的清掃器具も活用

インプラントのお手入れは、歯ブラシによるブラッシングだけでは不十分です。

歯と歯の間の汚れは歯間ブラシやデンタルフロスを用いることで、効率良くお掃除できます。

歯と歯茎の境目にもデンタルフロスは有効ですが、毛先が一束しかないワンタフトブラシも有効です。こうした補助的清掃器具は、必要に応じて使い分けるようにしてください。

歯磨き粉について

天然歯同様、インプラントの清掃にも歯磨き粉を使用して問題ありません。その際、不安に感じるのが「フッ素」ですよね。

高濃度のフッ素はチタンを腐食することがあるため、インプラントを埋入後にフッ化物入りの歯磨き粉は使わない方が良さそうなものです。

ただ、市販の歯磨き粉に配合できるフッ素濃度は1500ppm以下と決められており、チタンを腐食することはまずありませんのでご安心ください。

しかも、歯磨き粉として使用する場合は、唾液などで希釈されるため、腐食作用もさらに低くなります。

それよりもむしろ、残った歯に与える良い影響の方が大きいことから、インプラントを装着した後もフッ素入り歯磨き粉を使うことをおすすめします。

プロフェッショナルケアのポイント

インプラントを長く、健康的な状態で使い続けるためには、プロフェッショナルケアも受ける必要があります。

歯科医院での定期的なメインテナンスを受けることで、インプラントの状態を良好に保ちやすくなるからです。

セルフケアでは除去できない汚れ

インプラントは、歯根から歯冠までがすべて人工物なので、虫歯になることは絶対にありません。

けれども、歯周病にはなります。インプラントを支えているのは、歯槽骨や歯肉といった生きた組織だからです。

しかも、上部構造と人工歯根の境目付近には、歯垢や歯石がたまりやすくなっていることから、歯周病には十分に注意する必要があります。

セルフケアでは落とせない汚れをプロフェッショナルケアで定期的に一掃しましょう。

装置の不具合のお手入れ

インプラントの各パーツは、ネジで連結されているケースが多いです。

これらのネジが緩んでしまうと、噛んだ時の力が不均一に伝わったり、そもそもしっかり噛めなくなったりするため、装置の調整は速やかに行う必要があります。

そのまま放置すると、上部構造の破損や歯周組織の炎症をもたらすこともあるため十分にご注意ください。

インプラントの不具合の調整やお手入れは専用の器具がそろっている歯科医院でしか行うことができません。

まとめ

このように、歯科のインプラントのお手入れは、セルフケアとプロフェッショナルケアでポイントが異なります。

この2つを正しい方法で実践、継続していくことで初めて、インプラントを正常な状態に保つことが可能となります。

大阪市 阿倍野区 西田辺えがしら歯科

歯科医師 院長 江頭伸行

歯科インプラント手術後の痛みはどれくらい?

インプラント治療の治療期間はどれくらい?

インプラント治療の流れについて