阿倍野区西田辺えがしら歯科 歯茎下がる

歯茎が下がった時の戻し方・治療法

阿倍野区西田辺えがしら歯科 歯茎下がる

歯茎が下がった時の戻し方・治療法

お口の中の健康状態は、歯だけでなく「歯茎」でもある程度、評価することが可能です。
とくに歯茎が下がるような症状が現れている場合は、何らかの異常が生じているため、早急に歯科を受診しましょう。
今回はそんな歯茎が下がる原因と下がった歯茎の戻し方・治療方法について解説します。

歯茎が下がる原因

主な原因は歯周病

歯茎が下がる主な原因は「歯周病」です。
歯周病は歯茎に炎症が起こる病気で、進行する過程で歯茎が破壊されていきます。
その結果、歯茎が下がる・歯が伸びたように見える、といった症状が認められるのです。

ちなみに、歯周病は歯肉炎と歯周炎の2つに分けられますが、炎症反応が歯茎だけにとどまっている歯肉炎では、歯茎が下がりません。
むしろ、赤く腫れて膨らんだように見えます。炎症反応が歯根膜や歯槽骨にまで拡大する歯周炎になると、歯茎や顎の骨の破壊が見られるようになります。

その他の原因

その他、歯茎が下がる原因には「強いブラッシング圧」「歯ぎしり・食いしばり(=ブラキシズム)」「不正咬合」「矯正治療」などがあります。
歯はとても硬い組織なので、ゴシゴシと強圧で磨いても問題なさそうですが(実際は傷つきます)、そのすぐ近くにある歯茎は軟組織です。

歯ブラシによる刺激で傷ついてしまうだけでなく、そうしたブラッシング法が習慣化すると、歯茎の退縮を招きます。
また、歯ぎしりや食いしばりといった悪習癖も歯の損傷や摩耗に加え、歯茎の炎症を引き起こすことになるため要注意です。

歯茎が下がった時の戻し方・治療法

歯周病などによって下がった歯茎は、基本的に元には戻りません。
歯茎は口腔粘膜であり、歯とは違って自然に治癒する部分もありますが、元通りにはならないのです。
ですから、一度下がってしまった歯茎は、外科処置によって改善する他ないといえます。

歯茎を他の部位から移植する

下がった歯茎を元に戻す方法としては、歯茎の移植が挙げられます。
健康状態の良い隣の歯茎から移植する方法を「歯肉弁側方移動術(しにくべんそくほういどうじゅつ)」といいます。
自分の歯茎を移植するので、当然ですが拒絶反応などは起こりません。

歯周組織再生療法を行う

歯周病によって破壊された歯茎や歯槽骨は、「歯周組織再生療法」と呼ばれる方法で改善できることがあります。
具体的には、GTR法やエムドゲイン法などが挙げられます。
こうした治療によって顎の骨が再生されると、歯茎も盛り上がります。
その結果、歯肉退縮の症状も改善されるのです。

根本的な原因を取り除くことも大切

上述した治療法は、下がった歯茎に対して行うものです。
歯茎の移植や再生医療によるって歯肉退縮が改善されても、根本的な原因が取り除かれていなければ、再び歯茎が下がります。

ですから、歯周病が原因で歯茎が下がった人は、まず何より歯周病を治すことに専念してください。
強いブラッシング圧やブラキシズムが原因となっている人は、そうした悪習慣を改善しましょう。
不正咬合や矯正治療が原因の場合は、歯科的な処置を施さなければ改善が見込めません。

下がった歯茎を放置するリスク・デメリット

虫歯・知覚過敏のリスクが高まる

歯茎が下がって歯根面が露出すると、象牙質がむき出しとなります。
象牙質はエナメル質ほど硬くはなく、虫歯菌への抵抗力も低いです。
また、神経の一部も分布しており、象牙質知覚過敏症を引き起こしやすくなる点も注意が必要です。

見た目が悪くなる

歯茎が下がったことで歯科を受診する人は、見た目の問題が主訴であることが少なくありません。
やはり、歯が伸びたように見える状態は、審美的にあまり良くありませんよね。
痩せた歯茎をいろいろな方法で改善するとは、口元の審美性の向上にもつながります。

まとめ

このように、外傷や歯周病などのよって下がった歯茎は、自然に戻ることがありません。
今回ご紹介したような方法で元に戻すことで、さまざまなリスクやデメリットを回避することができますので、関心のある方はお気軽に西田辺えがしら歯科までご相談ください。

阿倍野区 西田辺えがしら歯科
歯科医師 院長 江頭伸行