歯みがき中の事故


1大人の場合、歯磨き中の事故というのはあまり聞きませんが、小さな子供さんは思いがけないところで怪我をすることがあります。

先日知人の3歳になるお子さんが、歯磨きをしながらふざけてお兄ちゃんの背中に覆い被さっていて、何かの拍子に顔面から床に落ち、喉の奥に歯ブラシが刺さった、という話を聞きました。

幸い軽症で済んだものの、刺さりどころが悪ければ、大事故になっていた可能性があります。

棒つきキャンディや、屋台の綿菓子・フランクフルトなどではよく聞く話なので、「口に入れたまま走らないこと!」と注意される親御さんは多いかと思います。

しかし、先が尖っていない歯ブラシにも要注意です。
また、歯磨きは毎日のことなのでついお子さんに任せてしまいがちですが、磨き方と一緒に、「歯磨き中は歩き回らない、走らない」ということも必ず教えておきましょう。

消費者庁が発表している「子供安全メール」でも最近そのことが取り上げられていたので、ご紹介しておきます。

【 歯みがき中の事故にご注意!】

毎日欠かすことのできない歯みがきでも、子どもにとっては危険なケースがみられます。たとえば、以下のような事例が起こっています。

○歯ブラシをくわえたまま転倒し、歯ブラシの先端が折れてのどに刺さった。救急車で搬送されて入院し、全身麻酔による摘出手術が行われた。
○歯ブラシをくわえたまま母親の背中に勢いよく抱きついたため、歯ブラシの先端が子供の口の中に刺さった。

好奇心旺盛な子供は、歯みがき中でも興味を向いた方に駆け出し、誤って転倒したりすることも考えられます。日頃から、歯ブラシをくわえたまま走ったりさせないよう十分注意しましょう。

この度はホームページをご覧頂きありがとうございます。
当院では、安心してご来院頂けるようお口の状況・治療内容など、詳しくご説明した上で治療を進めていきます。また、小さなお子様の不安を少しでも解消できるよう、アットホームな雰囲気づくりを心がけております。
地域の皆様と笑顔で楽しい毎日、そして何でも食べられる喜びを分かち合えるよう、スタッフ一同しっかりサポートさせて頂きます。
お口に関するお悩みやご質問などございましたら、お気軽にご相談くださいませ。

大阪市 阿倍野区 西田辺 医療法人優伸会 えがしら歯科

院長 江頭伸行