乳歯の仕上げ磨き

子供は何歳くらいから自分で歯磨きができるようになるんでしょうか。

おそらく、ご家庭では親御さんが磨いてあげていても、保育園や幼稚園で自分で磨くことを覚えていくことと思います。
小学校に入れば、「自分でしないさい」と任せてしまったり、親が磨こうとしても子供が嫌がったりすることも多いでしょう。
お子様が成長するにつれて徐々に自立し、自分で何でもできるようになってくることは、親御さんにとっても喜びでもあり、でもちょっぴり寂しさを感じる瞬間でもありますよね。

しかし、乳歯があるうちは、親御さんの仕上げ磨きが大切です。
というのも、歯が生え始めてから永久歯に生えかわるまで、お口の中はどんどん変化していて、虫歯になりやすくなっているからです。
特に永久歯が生え始める時期は、乳歯と永久歯が混在しているので歯並びがデコボコ。
磨くのが難しく、お子さんが磨いただけではどうしても歯垢が残ってしまいます。
この時期に虫歯になりやすいお口になってしまうと、大人になってから頑張ってきれいに磨きだしても、虫歯に悩まされてしまうことになります。

夜、就寝中は、お口の中をきれいに保ってくれている唾液が少なくなるので、特に虫歯になりやすい時間帯です。
朝昼晩、3食は大変!ということであれば、せめて夜だけでも仕上げ磨きをしてあげてください。
有名な歯磨き番組(?)でも、「仕上げはおか?あさん!(おと?おさん)」ですよね。

また、最近は子供用の様々な歯ブラシや歯磨き粉が市販されていますが、適切なものでなければ効果はありません。
よくわからなければ歯医者さんで聞いてみましょう。磨き方も教えてもらえますよ。

大阪市阿倍野区西田辺
医療法人優伸会 えがしら歯科

院長 江頭伸行