歯科医院の放射線量

歯科医院では、歯のレントゲンを撮りますが、やはり「レントゲン写真って安全なのでしょうか?」という質問をよく受けます。

1実際に、歯のレントゲン写真は、どのくらいの放射線量なのでしょうか?

レントゲンの機種や撮影する部位にもよりますが、歯科医院で撮影する小さなレントゲン写真の放射線量は1枚あたり0.01mSv、口全体を撮影する大きなレントゲン写真の放射線量は1枚あたり0.02?0.03mSvです。

普通の生活の中で、食べ物や地面など自然界からの放射線が、年間1.1mSv程度と考えると、それほど多くないのではないでしょうか。

ちなみに、歯科医院では開院時に、X線設置、設置、漏えい検査を行い、保健所に提出することが義務付けられています。
えがしら歯科はこの1月から医療法人となったため、診療場所や体制は全く同じものの、新診療所として再度この検査を行いました。

昨年12月6日に、「関西放射線サービス株式会社」さんにお願いしてレントゲン装置、レントゲン室漏えい検査を行ったところ、当然のことですが問題なしとのことで、無事手続きも終えることができました。

1
でも、一時的に漏れたりするのでは?と思ってしまいますよね。

ご覧になったことがあるかもしれませんが、日頃の放射線管理のため、常に私の胸にはガラスバッチという放射線量測定機器がついています。

院内にいる間ずっとつけていて、月1回検査所に送って被ばく量を測定しています。
開院以来10年間、その放射線の測定結果は測定範囲値以下で「放射線は検出されず」でした。

大阪市 阿倍野区 西田辺
医療法人優伸会 えがしら歯科

院長 江頭 伸行