富士山に挑戦!

この連休、日本一高い山からの景色とご来光を見に富士登山に行ってきました。

たまに山歩きをするとはいえ、山登りについては素人同然。
今回は日本一の山に挑戦するということもあり、バス中と山小屋で1泊し、頂上でご来光、という2泊のツアーに申し込みました。

さて、土曜日の夜、大阪からツアーバスに乗りました。
連休と言うことで、このバス会社だけで9台が出たそうです!
早朝にサービスエリアで朝食(富士登山者でにぎわっていて、朝6時にしてメニューはほとんど売り切れ)、8時ごろに富士山5合目に到着しました。


aki

富士山の天気は変わりやすいとは言え、「台風なんてどこにある?」というくらいの快晴!
ここで早い昼食を食べ、3時間ほど体を慣らしてから再度集合。
5合目とはいえ、伊吹山の頂上より大分高い2305メートルなんですね。汗
すぐに上り始めたら間違いなく高山病です。
すでに雲が視界の下に広がっているんです。


2

青空の下、10時ごろにツアーバス2台分がまとめて出発しました。
つまり、約50人の客に、ガイドさん1人に添乗員さん2名という、かなり心強い構成です。

話に聞いていた通り、6合目まではくだり坂もあったりして、濃い緑が広がり、どちらかというとハイキング的。
足元は、これも聞いていた通り、最初から最後までジャリと小石だらけでした。

3

歩き進むにつれて、どんどん緑がなくなり、岩、砂、じゃりばかりになってきます。

たまに霧が下界から上がってくる様子は、とても幻想的です。


4

上るにつれてどんどん酸素が薄くなり、ふとした瞬間に頭が痛くなってきます。脳に酸素が行き届いていないからだそうです。
途中、高山病で気分が悪くなったと、1人、2人とリタイヤしていきます。

私も7合目あたりから軽い高山病にかかり、気分が悪くなってきたのですが、ここでリタイヤするわけにはいかない!と、気力で乗り越えました!? 実は深呼吸とロキソニン(鎮痛剤)で…

ガイドさんが牛歩のようなスピードで歩いてくれたことと、混雑していてどんどん進めなかったためにゆっくりしか歩けなかったことから、本8合目まで6時間かけて無事到着しました。
自分のペースでさっさと歩いていたら、途中で間違いなく高山病になり、ダウンしていたと思います。

ちなみに酸素のスプレーを持参しましたが、体が高度に慣れてきているところに酸素を吸入すると、間違いなく高山病になるそうです!
添乗員さんが、「吸わないで下さいね、意味ないですよ」と繰り返していました(この添乗員さん、今月は7回、来月は10回くらい登るそうです…)。

さて、本8合目で山小屋泊です。
夕方6時ごろに到着しましたが、まだまだ外は明るく、とってもきれいな影富士が!!


5

そして、山小屋での夕食です。
私が富士山に登りたいと思った理由の一つでもある、美味しいと評判のカレーライス(山小屋ではカレーしかない)を食べました。残念ながら軽い高山病にかかっていたためあまり食欲もわかず、何とか残さず食べたという感じでした。


6

混んでいる時期と言うことで3段のベッド(というか1Mくらいの高さのフロア?)に敷き詰められた寝袋で仮眠です。1畳に寝袋2つくらいの狭さですが、みんな疲れていて、一瞬で寝ていました。


7

さて、翌日1時過ぎに山小屋を出て、頂上を目指します。
立ち上がった瞬間、寝ていて起き上がった瞬間などに酸素が不足するのか、頭痛が襲ってきます。
山小屋に残って頂上をあきらめた方も多々いらっしゃいましたが、なんとか頑張って出発です。

風もあり、体感は0度くらい!ということで、ダウンにレインウェアと全て着込んで、いざ!


7

と思ったら、登山道は登山客で混雑!まさに渋滞でした。
でも途中からガイドさんの機転で、下山道を通ることに。個人で来ていたらこういうのはわからないですね。さすがガイドさん(強力さん、というそう)です。

満月の翌日で、空は澄み渡り、月の光はあるものの、ライトアップされていない道なので、ヘッドライトの光で足元を照らし、そこだけを見ながら進みます。途中どんどん霧が濃くなり、その足元さえも見えにくくなりました。

ともかく、日の出が4時20分くらいの予定だったのですが、3時45分くらいに無事到着しました。


7

しかし、頂上は濃い霧のため、まるで雨が降っているみたいでした。寒い上に満員電車みたいに前に進むのも大変です!!ですので、残念ながらお土産等を買うことができませんでした。

そして、少しずつ明るくなってきたものの…


0

頂上からのご来光は霧のために見えず仕舞い。
仕方がないから下山しかけたところ…


0

雲の中からかすかに太陽が!!!
周りから拍手が沸き起こりました!!!

その後も、時々姿を見せる太陽。
そして、その太陽が照らす下界。

何万人もが一斉に登っていましたが、「だからみんな登るんだ」と思わずにはいられない絶景でした。

下山はかなり楽で、9時間くらいかけて上ってきた道も、4時間くらいで降りてしまいます。
降りるにつれて気温も上がり、また昨日と同じ快晴です。
そして、無事5合目に戻ってきました。

ツアーバスは温泉を経由してくれるのでそこで埃を流し、大雨のため通行止めになっている割にバス自体は小雨にしかあたらず、大阪まで無事帰ってくることが出来ました。

初めての富士登山でしたが、すばらしい景色が見れてほんとうに満足です。