インプラントの性能向上 紫外線(UV)で2?3倍に!?

インプラントの性能向上 紫外線(UV)で2?3倍に!?

紫外線(UV)といえば、日焼け、しみ、シワとあまりいいイメージはありません。

しかし、この紫外線が歯科業界で役立つというニュースをキャッチしました。

アメリカのカフォルニア大学での研究され、ちかじか発表されるということです。

気になる研究内容は、歯科のインプラント治療で使われる人工歯根などのチタン材料が、製造後、骨細胞との接着力が半分以下へと急速に劣化するものの、紫外線を照射で回復するというもの。

このチタンが製造直後から空気中の炭素が付着し、細胞との接着力が1ヵ月後には約半分に低下し実際現場で使われる数カ月後には約三分の一まで低下するという。

つまり、インプラント体と顎の骨の癒着が甘くなる、と言う事です。もちろん、癒着が甘くなれば長持ちしないと言う事です。
(インプラントが揺れて動いてくると言うものです。)

現在、劣化後の接着力を2?3倍にたかめる技術を日本で年内に実用化させるための準備を進めており、これが実現すると世界で年間数百万人が利用されているとされるインプラントの治療効果向上に役立つと期待が寄せられている。

紫外線を当てるだけで、インプラントがより長持ちするなんて画期的ですよね!

大阪市 阿倍野区 西田辺 えがしら歯科