阿倍野区 インプラント 西田辺えがしら歯科

インプラントの失敗とはどのような状態か?

阿倍野区 インプラント 西田辺えがしら歯科

阿倍野区の西田辺えがしら歯科のインプラントの失敗とはどのような状態か?についての歯の豆知識ページです。

インプラントには外科手術を伴うため、失敗することに大きな不安を抱えている方も少なくありません。
統計的には成功率が極めて高い治療法なのですが、1件でも失敗例を耳にしてしまうと不安に感じてしまうものですよね。
そこで今回は、インプラントの失敗とはどのような状態なのか、具体例を挙げながらわかりやすく解説します。

人工歯根が顎の骨に定着しない

インプラントの失敗例としては、「人工歯根が顎の骨に定着しない」ケースが挙げられます。
インプラントオペで使用するチタン製のネジは、単に顎骨へと埋め込めれば良いというわけではありません。

時間をかけて顎の骨と結合する必要があるのです。
この現象を専門的には「オッセオインテグレーション」といい、インプラント治療の成否を決める重要な要素となっています。
人工歯根が顎の骨に定着しなかった場合、次のような原因が考えられます。

ドリリングによるオーバーヒート

顎の骨にドリルで穴を開ける際、過剰な刺激を与えると摩擦熱によって骨の細胞が死んでしまいます。
人工歯根と顎の骨との結合には、生きた細胞が不可欠であることから、ドリリングによるオーバーヒートはインプラント治療の失敗へと直結します。

不適切な位置への埋入処置

インプラントを埋め込む位置・深さ・角度が不適切だと、骨との結合も正常に進みません。
とくに注意が必要なのが「上顎洞への穿孔」です。
上顎のすぐ上には上顎洞と呼ばれる空洞が存在しており、人工歯根の埋入位置が深すぎると顎骨を貫通してしまいます。
その結果、上顎洞炎などの合併症を引き起こすこともあります。

インプラントの周りに感染が起こった

インプラント治療は、細菌感染によっても失敗することがあります。
そのリスクは、術中と術後の2つに分けられます。

術中の感染リスク

不衛生な環境でインプラント手術を行った場合は、当然ですが術中の感染リスクが上昇します。
手術に使用する器具の滅菌処理などが不十分であったり、スタッフが感染対策を怠ったりしていると、患部に細菌感染が起こってインプラントが定着しません。

術後の感染リスク

術後の感染リスクは、患者様ご自身のケアに左右されます。
セルフケアはもちろんのこと、プロフェッショナルによるメンテナンスやクリーニングを継続することで、インプラント周囲炎などの感染症を防止することができます。
インプラント周囲炎は、完治させることが難しい厄介な病気であり、一度発症してしまうとインプラント治療が失敗する可能性も高まります。

阿倍野区 西田辺えがしら歯科 インプラント

人工歯が外れた・破損した

インプラントの人工歯である上部構造は、アバットメントの締め付けが不十分であったり、噛み合わせが悪かったりすると、破損することがあります。
上部構造の故障だけなら修理も比較的しやすいのですが、アバットメントや人工歯根にまで不具合が生じると、インプラント治療の失敗につながります。
また、インプラントの埋入位置が悪い場合も、人工歯根の破損が起こりやすくなります。

インプラントの失敗を防ぐ方法

上述したようなインプラントの失敗リスクは、豊富な知識や経験を持った歯科医師が適切な方法で検査・診断を行い、衛生管理が徹底された環境でオペすることで低減できます。
インプラント治療で失敗したくないという方は、その点を念頭に置いて歯科医院を選びましょう。

まとめ

今回は、インプラントの失敗について解説しましたがいかがだったでしょうか。
失敗のリスクを具体的に説明されると不安が強まってしまうかもしれませんが、その多くは歯科医院と患者様の努力によって十分回避可能です。
そんなインプラントの失敗を防ぐ方法いついてさらに詳しく知りたい方は、お気軽に当院までご相談ください。

阿倍野区 西田辺えがしら歯科
歯科医師 院長 江頭伸行

金属アレルギーでもインプラントの治療はできる?

インプラント周囲炎は隣の健康な歯に影響するのか?