歯茎 腫れ 阿倍野区 歯医者 

歯茎の腫れに効果がある薬

歯茎 腫れ 阿倍野区 歯医者 

歯茎腫れに効果があるについて、阿倍野区の西田辺えがしら歯科の歯の豆知識ページです。

歯周病にかかると歯茎が赤く腫れるようになります。

これは歯周病菌への感染によって歯茎に炎症反応が生じているためです。

そうした歯周病由来の歯茎の腫れは、歯周病そのものを治さない限り完全に取り除くことはできませんが、薬剤によって症状を緩和させることは可能です。

今回はそんな歯茎の腫れに効果がある薬について詳しくご説明します。

抗炎症作用のある薬

歯茎の腫れに対して直接的な効果が認められるのは、抗炎症作用のある薬剤です。

歯周病においてはあくまで対症療法となりますが、歯茎が大きく腫れて不快症状などが生じている場合には有効です。

市販の歯磨き粉にもトラネキサム酸などが配合された製品があり、歯茎の炎症の抑制につながります。

ちなみに、トラネキサム酸には歯茎からの出血を抑える作用も期待できます。

殺菌作用のある薬

歯周病による歯茎の腫れには、殺菌作用が期待できる薬が有効です。

お口の中に生息している歯周病菌の数を減らすことができれば、自ずと歯茎の腫れや出血も改善されていくからです。

以前に「歯周病に効く歯磨き粉」という記事で触れましたが、殺菌作用についてはイソプロピルメチルフェノール(IPMP)塩化セチルピリジニウム(CPC)ラウロイルサルコシン塩(LSS)などの成分に注目すると良いでしょう。

ただし、市販薬に期待できる殺菌効果はそれほど強いものでありません。

当院の歯周内科治療について

西田辺えがしら歯科では、薬を使った歯周病治療を行っております。

冒頭でも述べた通り、歯周病治療は細菌の温床となる歯垢や歯石を取り除くことが基本となりますが、薬剤だけで治すのは不可能です。

ただ、病原性物質の機械的な除去だけに専念しているとかなりの期間を要しますし、その結果、病状が安定しても再び歯茎の腫れや出血が生じるケースも珍しくないのです。

そこで有用なのが薬剤を活用した歯周内科治療です。

◎抗菌薬と抗真菌薬を使用します

歯周内科では、抗菌薬と抗真菌薬の2つを用いて、歯茎の腫れや出血などの症状を抑えます。

抗菌薬は「ジスロマック」と呼ばれるもので、風邪を引いた際に内科で処方されるお馴染みの薬です。

抗真菌薬は、カビを取り除く効果が期待できる薬で、当院ではファンキゾン シロップまたはハリゾン シロップという薬液を使って歯磨きをしていただいております。

この2つの組み合わせが最も効果が高く、治療開始から10~14日程度で目に見える効果が表れます。

ジスロマック ファンキゾンシロップ  阿倍野区 歯医者
ジスロマック ファンキゾンシロップ

歯茎が腫れたらまず歯科を受診

歯茎が腫れる主な原因は歯周病であり、放置していても自然に治ることはまずありません。

抗炎症作用や殺菌作用のある市販薬を服用しても、根本的な解決にはつながりませんので、まずは歯科を受診しましょう。

歯周病による症状は、歯茎の腫れや出血だけにとどまりません。

進行すると顎の骨が破壊され、歯を支えきれなくなります。

日本人が歯を失う原因の第一位が歯周病である事実にしっかり目を向けることが大切です。

同時に、歯周病が細菌感染症の一種である点も改めて確認しておく必要があります。

重症化した歯周病では細菌が全身を巡り糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞、誤嚥性肺炎などを誘発することも広く知られるようになりました。

それだけに歯周病の根本的な原因となっている細菌感染を薬剤で取り除くことは極めて有用であるといえるのです。

まとめ

今回は、歯茎の腫れに効果がある薬について解説しました。

歯周病が原因ではない歯茎の腫れについてはそれぞれのケースで有効な薬も変わってきますので、その点はご注意ください。

阿倍野区 西田辺えがしら歯科
歯科医師 院長 江頭伸行

歯茎が腫れて膿が出る原因と対処(画像あり)

薬で歯周病を治療する歯周内科の治療

歯周病は治る?歯周病の治し方