歯間ブラシの使い方

■歯間ブラシとは

歯と歯の間のプラーク(歯垢)は、歯ブラシでは完全に取り除くことは出来ません。
歯間ブラシは、細い棒の先にブラシがついているもので、歯ブラシが届きにくい場所の汚れを取り除くために使用します。
糸状になっているデンタルフロスと似ていますが、デンタルフロスよりも歯垢の除去効果が高いのが特徴です。
ただし、歯茎や歯肉の状態によって向き不向きがあるので注意が必要です。
歯間ブラシを使ったほうが良い人は歯と歯と間に隙間のある人で、特に歯周病になり歯の間に良く物がはさまりやすくなった方に有効です。

一方で、歯の間に隙間がない方が歯間ブラシを使うと、かえって歯茎を傷つけてしまう可能性があるので注意しましょう。
また、歯間の広さによって適正な歯間ブラシのサイズを選んで下さい。

■歯間ブラシの選び方

歯間ブラシには、歯と歯の間の隙間の大きさによって、細いものから太いものまで何種類かあります。メーカーにもよりますが、SSS、SS、S、M、Lなどと表記されています。
初めてお使いの場合は、細いものから試し、ブラシを挿入したとき、抵抗なく動かせるサイズを選びましょう。
また、一番細いサイズが入らないときは、デンタルフロスを使いましょう。

1■歯間ブラシの選び方

歯間ブラシには、歯と歯の間の隙間の大きさによって、細いものから太いものまで何種類かあります。メーカーにもよりますが、SSS、SS、S、M、Lなどと表記されています。
初めてお使いの場合は、細いものから試し、ブラシを挿入したとき、抵抗なく動かせるサイズを選びましょう。
また、一番細いサイズが入らないときは、デンタルフロスを使いましょう。


1L字型やI字型があります。L字型のものは奥歯、I字型のものは前歯に適していますが、I字型のものの先を折り曲げて奥歯に使用することもできます。
使い捨てのものと、繰り返し使えるもの、柄がワイヤーのものや、柔らかいプラスチックのものなどがありますので、歯茎の状態に合わせて選びましょう。


1■歯間ブラシの使い方

歯と歯の間にブラシ部の先端から挿入し前後にゆっくりと動かして清掃します。
繰り返して使用できるものは、使用後、流水ですすぎ洗いし、乾燥させてください。
ブラシの毛が寝てきたら新しいブラシと交換してください。

■歯間ブラシの効果

歯間ブラシと歯ブラシを併用すると、歯ブラシのみのブラッシングや、歯ブラシとデンタルフロスを使用した際と比べて、歯垢の除去効果が大きくなるとされています。
また、歯茎の炎症も歯ブラシのみの場合よりも減少すると言われています。

この度はホームページをご覧頂きありがとうございます。
当院では、安心してご来院頂けるようお口の状況・治療内容など、詳しくご説明した上で治療を進めていきます。また、小さなお子様の不安を少しでも解消できるよう、アットホームな雰囲気づくりを心がけております。
地域の皆様と笑顔で楽しい毎日、そして何でも食べられる喜びを分かち合えるよう、スタッフ一同しっかりサポートさせて頂きます。
お口に関するお悩みやご質問などございましたら、お気軽にご相談くださいませ。

大阪市 阿倍野区 西田辺 医療法人優伸会 えがしら歯科

院長 江頭伸行